PLM News |

Press Releases



PLM組み込み可能な、Aras要求仕様管理 - Requirements Management - を新たにリリース


顧客要求、品質向上、そしてリスク低減を可能にする 次世代の要求仕様管理機能を盛り込む

Andover, MASS. and Munich, Germany – 12月17日, 2012年–エンタープライズ オープンソース プロダクトライフサイクル マネージメント (PLM) ソフトウエア ソリューションのリーディングカンパニーであるAras®が、本日、Aras 要求仕様管理ソリューションをリリースしたと発表しました。PLMに組み込み可能なAras要求仕様管理ソリューションは、システムエンジニアリング向けに複雑な顧客要求への対応、製品の品質向上、そしてリスク低減を実現する次世代機能を兼ね備えています。


Aras要求仕様管理のデモンストレーション
日時:1月9日(水)2013年 午前11:00~(東部標準時間)
こちらから登録:http://aras.com/plm/001722



Arasの要求仕様管理ソリューションは、高度な要求仕様管理機能をエンタープライズPLMに組む込み事により複雑なシステムエンジニアリングの企画、開発などのための強力な機能を実現可能にします。Arasの要求仕様管理ソリューションを利用する事により、ユーザーは物理的、機能的、論理的およびパフォーマンスなど様々な要求を識別、関連付け、追跡を可能にします。


CIMデータの Collaborative Product Development Associates レポートである、 ‘Integrating Requirements Management Across Product Development’ によると、「単独で孤立した要求仕様管理ツール内に複数の部門にまたがる問題が発生した場合、それを確認する事が困難である。」さらに、「要求仕様は単純にシステムや製品においてもう一つのビューであり、依存管理、バージョン管理、ベースラインの定義、変更管理、構成管理等と同様の機能でサポートが必要になる。」とあります。


マルチ部門 要求仕様の階層
Aras要求仕様管理は単一のソリューションでありながら、複数の部門に渡る事を可能にするマルチ階層を作成できます。各要求仕様は複数の要求仕様ドキュメントに整理する事ができます。


各要求仕様ドキュメントはチャプターやセクションで別れており、階層内で構成バージョンをコントロールする事が出来ます。全体の階層での位置を保ちながら、既存の部門もしくは他のグループに振り分けることが可能となっています。一つの要求仕様が ハードウェア、ソフトウェア、電気と複数に渡る今日の複雑な製品やシステムにおいて、この機能は非常に重要となっています。


要求仕様は、ライフサイクルの様々なフェーズに当たる スペック、部品、BOM、テスト計画、その他のPLMアイテムにリンクされています。要求仕様は、変更管理ワークフローにより製品やシステムのライフサイクルに合わせ同期されます。


Aras要求仕様管理-ソリューション ハイライト
強化された要求仕様キャプチャー
部品、部材、図面やモデルなど含めた既存PLMアイテムだけでなく、ファイル、電子メール、スキャンされた画像、URLリング、画像、動画(YouTube含)など何でも要求仕様として定義が可能です。

トレース マトリックス 検証
システム、サブシステム、インターフェイスなどがコンセプトからコンポーネント単位の詳細に至るまで要求を満たしているかのトレーサビリティが可能となっています。

包括的インパクト分析
要求仕様はインパクト分析に含まれており、変更提案によりECRやECOにおいて影響されるアイテムを認識する事が可能です。

クローズド ループ検証
検証計画、手順や報告に関する関連ドキュメント、サインオフ及びワークフロー、全てをサポートしています、

完全コンプライアンス
監査証跡のための変更履歴を自動的に記録する事により、コンプライアンス対策が可能となっています。

パワフルで簡単
包括的な機能とWebブラウザーへの安全なアクセス、そして馴染みのあるルック&フィールを提供しています。

マルチ部門
同時に複数の異なった部門で要求仕様が管理可能となっています。- 機械、電気と電子、ファームウェアとソフトウェアを一つの環境下で。

クロスファンクション
プロダクトマネージメント部門、マーケティング部門、品質管理部門、製造部門、調達部門、フィールドサポート部門など組織全体で要求仕様のコラボレーションが実現可能です。

サプライチェーン コラボレーション
顧客、協力会社、外注製造業者などを含めサプライチェーン全体に渡りコラボレーションが実現可能です。また、強化なセキュリティにより必要に応じての閲覧とアクセス制限を設けることも出来ます。

フェデレーテッド統合
既存のエンタープライズ システム及びオーソリング ツールに安全に接続できます。


「要求仕様管理とPLMを組み込むことは何も新しいアイディアではありません。現在まで上手く出来るケースが無かっただけです。」とArasプレジデントのピーター・シュローラがコメントしています。「我々は、世の中にある別の要求仕様管理システムを取得した訳ではなく、現在のPLMのプラットフォームに合わせてデザインしました。それはグローバルのお客様がPLMの拡張性、安全性、そして柔軟性の特性を生かしつつ、別システムとしてでは無く、同一システムとして要求仕様管理の優れた機能を使って頂くためです。」


Aras要求仕様管理の詳細とデモンストレーションはウェブキャスト(1月9日2013年)にてご覧頂けます。
登録は、こちらから。http://aras.com/plm/001722


Aras要求仕様管理プロダクト ブリーフはこちらから。http://aras.com/plm/001723


About Aras
Aras®は、エンタープライズオープンソース・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェア ソリューションのリーディング プロバイダーです。ソフトウェア ライセンスの縛りから解放されることで初期投資を抑え、最小限のコストで、Arasの最先端次世代エンタープライズPLMソリューションのメリットを、エンドユーザに提供することを実現しています。既存ユーザとしてMotorola, Freudenberg, GE, Hitachi, Lockheed Martin, Textron and TEVA Pharmaceuticalsなど多くの企業で幅広く活用しています。Aras®は、米国マサチューセッツのアンドーバーに本社を置く非上場会社です。詳細はwww.aras.com を参照するか、Twitterで@ArasJapan をフォローして下さい。