大切なのはパーツそのものだけでありません

複雑な製品のライフサイクルを通じて開発・製造・保守するには、自社の複数部署およびサプライチェーンが作り出す情報を取り入れながら、進化する製品の構成を管理することが必要です。

複雑な構成を管理するのが困難であるため、コストが無駄になるエラーや遅延が発生することになります。

Configuration Management with Aras PLM

すべての製品構成を管理する

構成管理は、製品またはシステムの構成 (階層化された情報)をそのライフサイクルを通じて管理する包括的アプローチをご提供します。

主な機能

  • 構成の識別、コントロール、状況記録および検証をご提供します。
  • 製品ライフサイクルの異なる段階(設計、製造、保守)において、ベースラインを監視します。
  • 電子メールによる通知とリマインダー機能を含む、グラフィカルなオンラインのビジネスプロセスワークフローを利用します。
  • CMIIとCMPICで認証された構成管理および設計変更管理のベストプラクティスを反映します。

GE様: EBOM・MBOMとその対象品目、インパクトマトリックスと有効性

GE様がAras Innovatorをカスタマイズし、複数部門の技術チームが行なう製品開発を効率化した事例をご紹介します。

メリット

  • 機能と複数部門を横断し、ライフサイクル全体を通して製品構成の可視化を提供します。
  • 不必要なコストと遅延を防ぎます。
  • 貴重な開発者のリソースを解放します。
  • 製品品質を徹底します。
  • エラー、遅延、スクラップと作業のやり直しを削減します。

ご利用方法

PLMとPDM 機能はAras®アプリケーション上で動作し、オープンアクセスまたはサブスクリプションベースのいずれかで利用することができます。

設定済みアイテムタイプ
アプリケーション
オープン
サブスクリプション
パーツ、文書
プロダクトエンジニアリング
品質計画
品質管理システム
技術文書の配布
技術文書作成
要求仕様
要求仕様管理

CAD文書
CADコネクターまたはPDM統合

ソフトウェア
ALM統合

ダウンロードはこちらから

デジタルスレッドの世界での構成データ管理

連携されたPLM/SLMの構造によってどのようにデジタルスレッドが有効になるか、キャップジェミニの洞察をご覧ください。

ITILと構成管理

ITILとCMIIの理念を組み合わせることで、どのようにプロセスが効率化され、ITILの効率が改善したのかをご覧いただけます。

PACE Aerospaceが構成管理を利用(日本語)

PACE Aerospace EngineeringとInformation Technology GmbH が構成管理のバックボーンとしてArasを利用した事例をご紹介します。

関連機能