従来のPLMによる問題点

30年もの間、情報システムの統括役員は、内製の閉鎖的なPLM技術に対処してきました。それは保有と更新にコストがかかり、複雑すぎて使いづらく、アップグレードが不可能で、維持するのにリソースがかかりすぎていました。しかし、もうそのようなことはありません。

Arasはオープンである

Arasは、お客様が切に必要とする管理と柔軟性を、ビジネスクリティカルなソリューションに求められる信頼性と共にご提供します。

他のPLMソリューションプロバイダーとは異なり、Arasは、オープンなデータモデル、オープンなインターフェイス、そしてオープンなWeb標準の利用を特長とする、オープンアーキテクチャを備えています。

オープンであることに対するArasの取り組みについて、Aras ProSTEP iViP Code of PLM Openness (CPO)で説明しておりますので参照ください。

オープンソフトウェア

従来のPLMのアプリケーションをカスタマイズや拡張を行うには、ベンダーが提供されるAPIが必要でした。しかし、実際にはアプリケーション内部の働きを詳細に理解しないとカスタマイズすることは難しく、導入にはコストとリスクがつきものでした。

Aras のやり方は違います。ソースコードを公開しているので、お客様が直接変更することが可能で、これにより時間とプロジェクトのリスクが軽減されます。実際、お客様は、自社開発のシステムを開発するときのように、アクセスできるのです。そして、アプリケーションに対して行った変更はAras Innovatorのコアに影響を与えないため、アップグレードへの影響に頭を悩ませることもありません。