閉じ込められてはいけません

CAD データは製品設計の主要な部分であり、試作のバーチャル化や作業指示、技術文書の発行等の多くの下流プロセスをサポートするものです。

エンタープライズプロセスを通して CAD データを管理するとビジネス上の大きな優位性が生まれるため、PLM 業務での最優先課題になるケースも多くあります。

全ての CAD データを活用

Aras では、メジャーな機械系、電気系 CAD とのコネクターを提供しています。これらの外部システムともシームレスに連携し、デジタルスレッドを構築することで、製品の構成詳細や設計意図を含めた情報をパーツや BOM の情報とつなげて企業全体、サプライチェーン全体で利用でき、設計データを効果的に活用できます。CAD コネクターのプロバイダー、エリジオン社のデモンストレーションをご覧ください。(本動画は、エリジオン社と Aras の共催ウェビナーから抜粋したものです。全編は こちらの動画 または 講演資料 をご覧ください)

主な機能

  • 現在普及している機械系および電気系 CAD ツールとのコネクターをご提供します。
  • 複数部門、複数 CAD データツールの管理に対し、単一の統合環境で対応します。
  • CAD ファイルのライフサイクルステータス管理、バージョン化およびユーザーアクセス管理が可能
  • パーツと BOM アイテムを抽出し PDM や PLM と同期
  • CAD と文書を、対応するパーツと自動的にリンク
  • ビジュアルコラボレーション用のビューファイルを自動的に生成

Aras® CAD データ管理

現在普及しているオーサリングツール全般にわたって、Aras CAD データ管理が PLM における CAD IP の管理を万全に行なうこと、またこれによって重要な製品情報を安全かつセキュアな環境で利用できるようになることをご説明します。

メリット

  • エンタープライズプロセスと統合した単一システムですべての技術データを処理することにより、不必要なミスと遅延を減らします。
  • グローバルな製品開発とサプライチェーンとの連携戦略をサポートします。
  • ユーザー認証とアクセス管理によって、大切な知的財産の管理を強化します。
  • CAD データをすべてのPLMプロセスに組み込むことで、技術者の業務効率が向上します。

機械系 CAD 用 Aras® コネクター

関連資料