Microsoft

業界

消費財,
航空宇宙・防衛,
ハイテク・エレクトロニクス,
産業機械,
医療機器,
医療機器

場所

APAC,
Americas,
EMEA

マイクロソフトのデバイス部門は、複数のビジネスラインを新たな PLM プラットフォームに統合し、戦略的なビジネスの目的達成を、既存の PLM アプローチよりも迅速に行うことを目指しています。この部門は、PLM に対する新しいアプローチにより、マイクロソフトの最新のデバイス(Surfaceデバイスなど)を市場に投入するのを加速させる可能性があります。

Aras Innovator は、数年ではなくわずか数か月で、プログラムの迅速なロールアウトを実現し、マイクロソフトの「OnePDM」実装の中心となるオープンプラットフォームとして機能します。 このデバイス部門では、エンジニアリングの初期段階から調達、製造、販売、およびカスタマーケアチームに至るまで、重要な製品エンジニアリング活動が適切に行われるようになるのです。

ハイライト

  • エンジニアリングおよびサプライチェーン・アクティビティの実行に必要な工数を削減
  • 製品データを上流および下流のシステムに連携するまでの時間を短縮
  • ビジネスニーズへの俊敏性と応答性を向上

ダウンロードはこちらから

Read how the Microsoft hardware product team developed a single functioning PLM platform to streamline product delivery from design to supply chain. Learn about agile development methods which cut costs and accelerated delivery timeframe.

クラウドへの移行が加速し、必要な時に適切な情報が求められるニーズは高まっています。このセッションでは、Microsoftのデバイス部門(Surface、XBOX、HoloLens等)にOnePDMとして導入したAras Innovatorを、企業全体にわたる製品群の複雑で新しい要求に対峙した際に、AzureやAzure Data Lake、PowerBI を活用しスケールさせた事例をご紹介します。