2018年2月21日、マサチューセッツ州アンドーバー・ドイツミュンヘン —Aras ®は本日、BMWグループがテストデータ管理のバックボーンとしてArasのPLMプラットフォームを導入中であることを発表しました。このシステムは、車両開発の様々な段階で、テストやテスト結果の企画、スケジューリング、実行、文書化をサポートします。

ArasのPLMプラットフォームは、量産車の開発に重要な成果物のトレーサビリティを可能にします。テストに関連する特定の要件を満たすArasの柔軟性の高さは、BMWグループにとって重要な要素でした。導入の一環として、Arasのプラットフォームは、多数の既存のITシステムを連携させ、データ交換を可能にします。BMWグループのエンジニアリング部門5,500名以上の従業員がArasのプラットフォームを使用する予定です。

ArasのEMEA Senior Vice PresidentであるAndreas Muellerは次のように述べています。
「自動車業界は、新しいモデルや新しい技術をスピーディーに市場に投入することで繁栄します。製品ライフサイクルを管理する柔軟なプラットフォームがあれば、メーカーは競合他社よりも明らかに優位に立つことができます。私たちは、BMWグループがArasを選択したことを誇りに思っています。」

ArasのPLMプラットフォームはまず、ドライブトレインとエンジン開発、パッシブセーフティなど、統合された安全性テスト管理を含むプロセスをサポートします。

関連リンク:

 


Aras Press Contact