デモシリーズ Aras の要件管理とオーサリングツールの連携(ReqIF/DOORS/Cameo)(日本語/37分)

日本語デモシリーズ 要件管理

要件をシステムモデル、設計の詳細、シミュレーション、およびテストに接続することにより、検証と妥当性確認(V&V)のプロセスの追跡が容易になります。Aras の要件管理(RE)アプリケーションは、Aras のローコードプラットフォームによって管理されるデジタルスレッドの一部としてそれを可能にします。 このデモでは、ReqIF(要件交換の業界標準)、DOORS(サードパーティの要件オーサリングツール)、 Cameo Systems Modeler(サードパーティのMBSEシステムモデリングツール)といった外部ツールを使用して作成された要件を、RE で公開する方法をご紹介します。 

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。




要件をシステムモデル、設計の詳細、シミュレーション、およびテストに接続することにより、検証と妥当性確認(V&V)のプロセスの追跡が容易になります。Aras の要件管理(RE)アプリケーションは、Aras のローコードプラットフォームによって管理されるデジタルスレッドの一部としてそれを可能にします。 このデモでは、ReqIF(要件交換の業界標準)、DOORS(サードパーティの要件オーサリングツール)、 Cameo Systems Modeler(サードパーティのMBSEシステムモデリングツール)といった外部ツールを使用して作成された要件を、RE で公開する方法をご紹介します。 

動画を再生できませんか? こちらをクリックしてください