デモシリーズ デジタルスレッドがつなぐ、サプライヤとの設計変更プロセス(日本語/20分)

機械、電気、ソフトウェアなどの複数の分野がかかわる現代の製品の設計変更では、社内外の様々な関係者が関与しています。メール、電話、そして最近ではビデオ会議など、設計変更に伴うコミュニケーションのために本来の業務そのものよりも時間や手間がかかり、コミュニケーションミス、リードタイムの長期化や生産の遅延、品質の低下といった大きな問題を引き起こすことがあります。 
こちらのデモでは、社内、そしてサプライチェーン全体を通じてコミュニケーションや情報の授受を簡便かつ安全にやりとりできる、柔軟で統一されたプラットフォーム上での設計変更時のコラボレーションについてご紹介します。 

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。