【講演動画】トレーサビリティと柔軟性を兼ね備えた医療機器データ管理プラットフォームのご紹介(日本語/30分)

コンプライアンス、およびFDAをはじめとした各機関の査察に向け、医療機器にまつわる設計・製造データの電子化、管理は多くの医療機器メーカーで取り組まれている一方、データのトレーサビリティ実現や、変化する法規制への柔軟・迅速な対応への課題についてよくお聞きします。このセッションでは、「デジタルスレッド」でデータの追跡を可能にし、法規制を遵守しながらも各社固有の業務プロセスに対応可能なプラットフォーム、「Aras Innovator」についてご紹介いたします。

※本動画は、2020年12月開催のウェビナーの録画公開版です。講演資料は こちら から。
※同ウェビナーの下記2つのセッションの資料は医療機器メーカー様向けに限定公開しております。資料閲覧をご希望の方は お問い合わせ いただけますようお願い申し上げます。
・ 「医療機器業界における規制要件および査察動向分析」株式会社 日立製作所
・ 「医療機器法規制に対応したAras Innovatorシステム構築手法」株式会社 日立システムズ

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。