マイクロソフトにおけるアジャイル開発の成功(日本語)


マイクロソフトにおけるアジャイル開発の成功(日本語)

マイクロソフトのハードウェア製品開発チームが、設計からサプライチェーンへの製品出荷を効率化するために、どのようにシングルプラットフォームのPLM機能を開発したかをご覧いただけます。さらに、コスト削減および納品期限を短縮化するアジャイル開発方法論についてもご確認いただけます。

  • ハードウェア製品のデータを作成、管理、リリースするために、統一された手段を全ての業務部門へ提供するビジネスメリットをご紹介します。
  • アジャイル方法論は、製品ライフサイクル全体を網羅する単一のプラットフォームを構築するという企業のビジョンに向けて、従来のPDMの役割を拡張するプラットフォーム構築に使用されます。
  • プロセスベースのPLMプラットフォームの構築または簡素化するために、アジャイル開発を検討している製品企業にとって、利益を得ることが可能なベストプラクティスです。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。