デモシリーズ 次世代の要件管理ソリューション Requirement Engineering(日本語/27分)

 

Requirement Engineeringを新たにリリースいたしました。
従来は文書コンテンツとして管理されることが多かった製品・サービスの要件を、データベースを活用して管理することで、要件の安全な共有と再利用の促進、要件間の関係性の明確化などの機能を実現しています。またPLMプラットフォーム上の要件管理ソリューションとして、単体の要件管理ツールにはない、BOMやモデリングなどの設計情報、BOPやCAMなどの生産情報等、製品ライフサイクルで発生する多様なアイテムとの関連まで含めた管理機能を提供しています。
要件にもとづいた設計や生産プロセスの適合や検証、要件から設計や生産アセットまでのトレーサビリティの確保などRequirement Engineeringはデジタルスレッドの構築に貢献します。

Requirement Engineeringデモの見どころ

・要件の管理:要件そのもの作成、編集方法や要件のバージョン管理、要件間の関連付けなどについてご紹介します
・要件文書の管理:複数の要件を組み合わせた要件文書の作成、共通の要件が同時編集される際のコンフリクトの解消方法などについてご紹介します
・PLMアイテムとの関連付け:要件とPLMで管理されているアイテムの関連付けの設定や関連付けられたアイテム間の表示方法についてご説明します
・パラメータの活用:パラメータを含む要件テンプレートと、テンプレートをもとづき個別要件を作成しているカスタマイズ事例についてご紹介します

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。