ケーススタディ

航空・宇宙、エネルギー、産業機器、電力、車両および船舶業界向け機器製造を代表する川崎重工業が全社的なコラボレーションを向上および製品開発プロセスの効率向上のために、革新的なPLMプラットフォームを全社提供
米国陸軍が製造プロセス計画、設備&治工具管理、予防保全&キャリブレーション較正にArasソフトウェアを活用し、リーンシックスシグマを実現しました。
Driven by the need to improve efficiency, a leading shipbuilder has embarked on a multi-year project to implement a new PLM system
Explore recent IDC research regarding the future of manufacturing including the four areas where companies must develop critical capabilities to succeed: Speed, Quality, Innovation and Resiliency.
Example of AML image
Discover the Aras approach to creating resilient systems that can be used to manage very long life products while preserving the IT investment you've made in customizing and integrating your PLM system.

ホワイトペーパー

コスト削減、リスク軽減、製品の市場投入の加速化を考える世界の様々な企業が、なぜArasのPLMプラットフォームに注目しているのか。ぜひこちらをご覧ください。
CIMdata 論評:Aras Innovator: カスタマイズを再定義(日本語)
著名なPLM市場調査会社であるCIMdataはこの度、Arasと他PLMの違いについて調査しました。
Learn about Aras Innovator's proven enterprise application framework for PLM: a model-based service-oriented architecture [SOA]
複雑なコネクティッドカーの開発をサポートするために、自動車業界がどのようにデジタル変換を実現し、待ち望んだPLMビジョンを達成するのかをご覧いただけます。
製品がますます複雑になるなか、今日のBusiness of Engineeringの課題に取り組むためのより大きなPLMのビジョンをご紹介します。
製品データの連携と調和、そして今日のBusiness of Engineering(ものづくりビジネス全体の効率化)を効率よくマネジメントするために必要な新しいPLMアプローチについて、CIMdataの分析論評をご覧ください。
Find out how T-Systems is using Aras Innovator on a public or private cloud to support small workgroups through global distributed enterprises and their supply chains.
Leveraging cloud-based PLM for co-development, long-term programs, joint ventures, mergers, acquisitions, and divestitures

将来も使い続けられるArasのPLMなら、ますます複雑化する製品開発にも対応できます。

今後、設計エンジニアリングチームはより迅速な開発を求められます。製品はさらに複雑になり、接続された製品は、短期間な開発サイクルの中で、設計、シミュレート、最適化、テスト、開発をしなければなりません。

今日の複雑な製品を管理するための、レジリエントな(しなやかな)アプローチの手法をご覧ください。

Is your current PLM system future-proof? Digital Engineering explores how a resilient PLM platform can handle critical shifts like changing business models, entering new markets or acquiring companies.
PLMはうまくいかないプロジェクトが多く、宝の持ち腐れになっていませんか?
製品開発プロセスとITインフラを将来ずっと安心して継続的に使い続けるために、今日のグローバル企業はPLMへのレジリエントな(しなやかな)アプローチが必要です。