Business of Engineering – 複雑な製品への取り組みについて(日本語)


本ホワイトペーパーでは、今日の複雑な製品に対する課題に取り組むBusiness of Engineering(ものづくりのビジネス全体を効率化)を実現するシステムを構築する大きなPLMビジョンについて述べています。以下内容をご覧いただけます。

  • IoT時代における課題を持ち合わせた製品開発の概要について。
  • 従来のPLMシステムはなぜ、メカニカルCADデータを管理するPDMシステムとほとんど変わらない「Science of Engineering」を提供するのか。
  • PLMの導入が、迅速且つユーザーに意識されずに実施され、高い柔軟性と拡張性、容易なアップグレード、そして高いコスト効率を実現するメリットについて。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。