将来も使い続けられるArasのPLMなら、ますます複雑化する製品開発にも対応できます。

今後、設計エンジニアリングチームはより迅速な開発を求められます。製品はさらに複雑になり、接続された製品は、短期間な開発サイクルの中で、設計、シミュレート、最適化、テスト、開発をしなければなりません。

今日の複雑な製品を管理するための、レジリエントな(しなやかな)アプローチの手法をご覧ください。

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。

Get Adobe Acrobat Reader