製品ライフサイクル管理(PLM)とモデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)の今後の道筋


future-directions-plm-mbse

多くの企業において、エンジニアリングデータはサイロ化され、分断状況です。これにより非効率になり、再作業が必要になり、データの再利用を妨げられます。PLMとMBSEを組み合わせることで、エンジニアリングプロセス、ツール、データの統合を促進し、生産性、品質、サイクルタイムの短縮、開発プロセスにおけるリスクの削減を実現できます。 

このホワイトペーパーでは、製品ライフサイクル管理(PLM)とモデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)が、製品開発の課題に取り組むための組織戦略の一環とみなされるべきアプローチであることを検証します。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。