PLMプロジェクトが難航していませんか?


PLMプロジェクトが難航していませんか?

PLMプロジェクトは時として難航しますが、その詳細や背景については実はあまり知られていません。

計画性の欠如や計画の稚拙さから、導入段階から行き詰る場合や、初期展開後にシステムが拡大しなくなることもあります。更には、プロジェクト開始前から頓挫する場合さえあります。

プロジェクトが難航すること自体はよくある事です。重要なのは、いかに対処するかということです。

これらの落とし穴を認識し防ぐために、PLMプロジェクトがこれまで難航してきたトップ10の理由をご紹介し、対策に関するアドバイスをご提供します。

  1. 点在するソリューション間のギャップ ― 独立した個別のソリューションの組み合わせで、エンドツーエンドの効果が期待できない
  2. 開始時点の誤り - コンサルティングが長引き、本番稼働の見通しが立たない
  3. 大きな1ステップ導入 - ユーザーを委縮しシステムの失敗を導く
  4. 高額な見積 - 特にライセンス必要がかかる製品を筆頭に、PLMの見積は高価になりがち
  5. ビジョン/ロードマップの欠如 - 到着地点が不明確なら、たどり着く時期も、今どの時点にいるのかもわからない

残りの5つの理由とこれらを解決に導くアドバイスは、ホワイトペーパーでご覧いただけます。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。