クラウド上にシステムを展開

パブリック、プライベート、ハイブリッドのいずれにも対応

クラウドの活用

次世代のクラウド、ハイブリッド構成、従来のリソース、そしてパブリッククラウド。Aras は、グローバルなPLM環境として、いずれのアーキテクチャにも最適です。

PLMの見通しは「曇り」なのか?

最近の CIMdata の調査「Cloud PLM: Understanding Adoption Prospects(クラウド PLM:導入の見通しを理解する)」は、クラウドベースの PLM の採用が CRM や ERP などの他のエンタープライズアプリケーションよりも遅いという見通しを受けて書かれています。Aras の Jason Kasper がブログ記事内で本調査結果について述べています。

クラウドについてもっと見る

Microsoft® Azure上にArasを構築

ここでは、Azure 認定の Aras Innovator 仮想環境の構築方法について説明します。ほとんどのシステム構成は Azure の初期設定を利用し、数分で仮想環境を立ち上げることが可能です。

ユーザー事例

新製品および新サービスに対する顧客ニーズの高まりを受け、Microsoft はデバイスとクラウドをサポートするために、業務プロセスとツールを拡張する必要がありました。ACE における同社のプレゼンテーションをご覧ください。

Transforming the Organization – The Microsoft PLM Journey

ウェビナー:PLMをクラウド上で使う

IDC と Microsoft が様々な PLM シナリオをクラウド上で展開することができるか話しています。

Arasのプラットフォームとは

Aras のレジリエント(しなやか)なプラットフォームの構造、設計の原理について詳しく知ってください。Aras のプラットフォームは柔軟で、現在のビジネスに影響を与えることなく、ビジネスニーズに合わせて変革していくことが可能です。 

関連項目

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革するための、エンドツーエンドの実用的なデータ。

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

拡張性

Aras のプラットフォームはパフォーマンスを下げることなくシステムを成長させられるように設計されています。

Learn More

安全性

Aras のプラットフォームの安全性により、企業の知的財産を保護し、重要な法規制に対応します。

Learn More

オープンアーキテクチャ

Aras はオープンなデータモデル、インターフェイスを搭載し、オープンな web 基準に則ったオープンアーキテクチャです。 

Learn More

アップグレード性

Aras はサブスクリプションサービスの一環としてアップグレードを実施するため、ユーザー企業はテクノロジーに後れをとることなく使い続けられます。

Learn More

ハイテク・エレクトロニクス

業界の基準、品質を守り、法規制やコンプライアンスに対応するために、プロセス自動化、ワークフロー、文書管理、製品機能性向上など、グローバルでの製品開発はますます進化しています。

Learn More

ライフサイエンス

厳格な法規制、複雑な製品開発と生産プロセス、包括的な研究・試験。これらはミッションクリティカルな課題であり、プラットフォームアプローチが求められます。

Learn More