クリア

Aras Innovator Administration1 29 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Tuesday, March 12 - Wednesday, March 13, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator でPLMソリューションを構築する際に必要となる機能設定/拡張方法やユーザー管理方法などの基本スキルを習得するためのコースで、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • Aras Innovator の基本アーキテクチャの理解
  • カスタムソリューションのデータモデル設定方法(アイテムタイプ、リレーションシップ)
  • データを表示するためのユーザーインターフェース作成方法
  • データにアクセスするためのセキュリティ設定方法
  • ライフサイクルや世代管理などの設定方法
  • アイテムのリレーションシップ構造を視覚的に表示するための設定方法

なお、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

また、有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
2 日数
¥

Aras Innovator Workflow 29 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Thursday, March 14 - Thursday, March 14, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のワークフロー機能を有効活用する上で知っておくべき、ワークフローの作成方法・管理方法やメール通知の設定方法などについて、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • ワークフローの概念的な理解と基本操作方法
  • ワークフローの設定方法
  • ワークフローとライフサイクルとの連携方法
  • メール通知の設定方法
  • 通知メッセージの設定方法

なお、ご受講には Administration1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
1 日数
¥

Aras Innovator Administration2 29 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Friday, March 15 - Friday, March 15, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

データ管理を柔軟に行うための方法や Vault 格納ファイルの取り扱い方法、構築したソリューションを他の環境(テスト環境や本番環境など)に移行するための方法など、Aras Innovator をより高度に活用するためのスキルを、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • アイテムタイプをより柔軟に活用するためのサブクラスとポリアイテムタイプ、拡張クラスの設定方法
  • ダッシュボードとレポーティングの設定方法
  • ファイルを取り扱うソリューションの設定方法
  • ファイルレプリケーションの設定方法
  • ソリューション移行のためのパッケージの作成方法

なお、ご受講には Administration1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
1 日数
¥

Aras Innovator API1 29 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Wednesday, March 27 - Thursday, March 28, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のカスタマイズを行うための基礎となるメソッドやIOM API、システムイベントを使った開発方法論を、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

講義では、以下の知識を習得します:

  • Aras Markup Language(AML)
  • AML検証用ツール (AML Studio, NASH) の利用
  • IOM API(Aras Innovator Object Model API)
  • Aras Innovator メソッドエディタの利用
  • デバッグの方法
  • クライアントフレームワーク
  • サーバー&クライアントイベント
  • アクションメソッド

ハンズオンエクササイズでは、以下の内容を演習します:

  • Aras Innovator の機能を使ったカスタマイズメソッドの実装
  • カスタマイズされたビジネスルールの実装

なお、ご受講には Administration1 および Workflow コースの修了が必須です。両コースを未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
プログラマー
2 日数
¥

Aras Innovator API2 29 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Friday, March 29 - Friday, March 29, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のカスタマイズや他システムとの連携、Aras Innovator をグローバル環境で利用する際のアドバンスドなトピックについて、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

講義では、以下の知識を習得します:

  • CUI(Configurable User Interface)の設定
  • サーバーサイドのシステム連携の実装例(フェデレーション)
  • 外部クライアント(.NET対応、COM互換)
  • サブスクライバー限定ツール(バッチローダー/スケジューラー)
  • [付録] マルチリンガル(国際化対応)ソリューション

ハンズオンエクササイズでは、以下の内容を演習します:

  • Aras Innovator の機能を使ったカスタマイズメソッドの実装
  • RESTful APIを使用した実習

なお、ご受講には API1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
プログラマー
1 日数
¥

Aras Innovator PLM Essentials 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Thursday, April 11 - Friday, April 12, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator の「Product Engineering(パーツやBOM、ドキュメント、変更管理機能等)」と「Program Management(プロジェクト管理機能)」、および関連機能の概要と使い方を習得するためのコースです。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • Aras Innovator の全般的な操作方法
  • パーツやドキュメントの新規作成およびファイルの登録、BOMの管理方法
  • Simple ECO や Express ECO を利用したパーツとドキュメントのリリースおよび改訂方法
  • プロジェクトスケジュールの管理およびプロジェクトテンプレートの作成方法
  • Secure Social Visual Collaboration の操作方法
  • Office Connector の操作方法

なお、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

また、有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
エンドユーザー
2 日数
¥

Aras Innovator Administration1 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Tuesday, April 16 - Wednesday, April 17, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator でPLMソリューションを構築する際に必要となる機能設定/拡張方法やユーザー管理方法などの基本スキルを習得するためのコースで、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • Aras Innovator の基本アーキテクチャの理解
  • カスタムソリューションのデータモデル設定方法(アイテムタイプ、リレーションシップ)
  • データを表示するためのユーザーインターフェース作成方法
  • データにアクセスするためのセキュリティ設定方法
  • ライフサイクルや世代管理などの設定方法
  • アイテムのリレーションシップ構造を視覚的に表示するための設定方法

なお、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

また、有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
2 日数
¥

Aras Innovator Workflow 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Thursday, April 18 - Thursday, April 18, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のワークフロー機能を有効活用する上で知っておくべき、ワークフローの作成方法・管理方法やメール通知の設定方法などについて、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • ワークフローの概念的な理解と基本操作方法
  • ワークフローの設定方法
  • ワークフローとライフサイクルとの連携方法
  • メール通知の設定方法
  • 通知メッセージの設定方法

なお、ご受講には Administration1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
1 日数
¥

Aras Innovator Administration2 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Friday, April 19 - Friday, April 19, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

データ管理を柔軟に行うための方法や Vault 格納ファイルの取り扱い方法、構築したソリューションを他の環境(テスト環境や本番環境など)に移行するための方法など、Aras Innovator をより高度に活用するためのスキルを、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

コースを修了すると、以下のスキルを習得できます:

  • アイテムタイプをより柔軟に活用するためのサブクラスとポリアイテムタイプ、拡張クラスの設定方法
  • ダッシュボードとレポーティングの設定方法
  • ファイルを取り扱うソリューションの設定方法
  • ファイルレプリケーションの設定方法
  • ソリューション移行のためのパッケージの作成方法

なお、ご受講には Administration1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
システム管理者
1 日数
¥

Aras Innovator API1 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Wednesday, April 24 - Thursday, April 25, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のカスタマイズを行うための基礎となるメソッドやIOM API、システムイベントを使った開発方法論を、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

講義では、以下の知識を習得します:

  • Aras Markup Language(AML)
  • AML検証用ツール (AML Studio, NASH) の利用
  • IOM API(Aras Innovator Object Model API)
  • Aras Innovator メソッドエディタの利用
  • デバッグの方法
  • クライアントフレームワーク
  • サーバー&クライアントイベント
  • アクションメソッド

ハンズオンエクササイズでは、以下の内容を演習します:

  • Aras Innovator の機能を使ったカスタマイズメソッドの実装
  • カスタマイズされたビジネスルールの実装

なお、ご受講には Administration1 および Workflow コースの修了が必須です。両コースを未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
プログラマー
2 日数
¥

Aras Innovator API2 30 Online (Japan)

東京 |Japan (GMT+9) |Friday, April 26 - Friday, April 26, 2024

本コースは、オンラインで開催します(Microsoft Teamsを利用)。

Aras Innovator のカスタマイズや他システムとの連携、Aras Innovator をグローバル環境で利用する際のアドバンスドなトピックについて、講義とハンズオンエクササイズを交えて学習します。

講義では、以下の知識を習得します:

  • CUI(Configurable User Interface)の設定
  • サーバーサイドのシステム連携の実装例(フェデレーション)
  • 外部クライアント(.NET対応、COM互換)
  • サブスクライバー限定ツール(バッチローダー/スケジューラー)
  • [付録] マルチリンガル(国際化対応)ソリューション

ハンズオンエクササイズでは、以下の内容を演習します:

  • Aras Innovator の機能を使ったカスタマイズメソッドの実装
  • RESTful APIを使用した実習

なお、ご受講には API1 コースの修了が必須です。未受講の場合は、申し込まれてもご参加いただけませんのでご注意ください。

また、他のPLM製品をお取り扱いの企業様、およびAras認定パートナー以外のシステム開発企業様等からのお申込みはお断りしております。

有償受講(サブスクライバー以外)のお客様がキャンセルされる場合は、開催1週間前までにご連絡ください。それ以降になった場合は、キャンセル料として受講料の100%を請求させていただきますのでご注意ください。

やむを得ない事情により、開催を中止させていただくことがあります。その際は、お申込時にいただいたメールアドレス宛にご連絡差し上げます。なお、中止になった場合、代替の日程を改めてご案内いたします。

日本語
講師によるオンライントレーニング
プログラマー
1 日数
¥