デジタルスレッド

あらゆるものをつなぐ:人、プロセス、製品 – 隅から隅まで

Find Out More

製品ライフサイクル全体の状況を把握

なぜ、デジタルスレッドが製品ライフサイクル全体の状況を把握する鍵になるのか。それは、製品とそのデジタル資産を、コンセプトの段階から設計、製造、品証、サービスまで完全に追跡できるようになるからです。この切れ目のない情報の流れが製品ライフサイクルのあらゆる面で意思決定に役立つ重要な洞察を得るのにどのように役立つかをご覧いただけます。コミュニケーションとコラボレーションを改善し、市場投入までの時間を短縮してより良い製品を実現できます。

課題を認識し、つながりを築く

  • 変化する顧客や市場の要求に対する応答性を改善
  • 品質向上の実現
  • 新製品や新機能の開発のスピードアップ
  • ライフサイクル全体のトレーサビリティを実現
  • 将来のイノベーションのために市場の製品と接続
  • デジタルツインの基盤を確立
a blueprint for digital transformation

将来の課題に対応するため、デジタルトランスフォーメーションに、今から取り組むべき

デジタルスレッドは、製造業が次の10年の成長に備えるために必要な基本的で価値の高い機能です。成長とイノベーションを実現するデジタル化を推進するための、デジタルトランスフォーメーションの最重要課題であるべきです。

複雑になる製品

革新的で、市場のダイナミックスに対応する次世代の製品を作り出さなければならないというプレッシャー

レガシーなシステムアーキテクチャー

過去のシステムやプロセスを使って、未来の製品を設計、製造するのは不可能

激化する市場競争

顧客を獲得し続けるため、激化する競争に打ち勝ち、市場投入の短期化や品質向上のニーズに対応

新しい PLM アプローチを採用する、最も重要な推進力となったのは、組織全体の複数のシステムで保存および管理されたデータを統合することでした。

- AuIsaiah Kincaid, Electrical and Computer Engineer, Carlisle Brake & Friction

デジタルスレッドについてさらに詳しく

もっと見る

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革させるための、製品ライフサイクル全体で再利用可能なデータと業務プロセスを手に入れましょう。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

プロダクトエンジニアリング

Aras のプロダクトエンジニアリングにはパーツ管理、マルチレベルBOM、CMIIに準拠した構成管理と変更管理、承認済みベンダーと製造業のリスト、文書管理を含みます。

Learn More

BOMを統合する

製造とエンジニアリングのプロセスを統合しましょう。シンクロナイズさせることで、進化を続ける製品設計におけるミスを減らしましょう。

Learn More

要求管理

製品全体の構成のコンテキスト(文脈、意図)に基づく要求を管理可能な、柔軟なテクノロジーを採用しましょう。

 

Learn More

安全な外部アクセス

外部の取引先と安全に設計情報を共有し合うことで、生産性を高めコラボレーションを強化しましょう。Aras のアプローチは協業先、サプライヤー、製造請負先などとの柔軟な連携が可能です。

Learn More

航空宇宙・防衛

製品にまつわる情報やプロセスと、ミッションクリティカルな要件の的確な管理が求められる航空宇宙・防衛業界での事例はこちら

Learn More

自動車

Aras が自動車業界のこれからの課題にいかにして対応可能か、ぜひご覧ください。

Learn More

ハイテク・エレクトロニクス

業界の基準、品質を守り、法規制やコンプライアンスに対応するために、プロセス自動化、ワークフロー、文書管理、製品機能性向上など、グローバルでの製品開発はますます進化しています。

Learn More

ライフサイエンス

厳格な法規制、複雑な製品開発と生産プロセス、包括的な研究・試験。これらはミッションクリティカルな課題であり、プラットフォームアプローチが求められます。

Learn More

エンタープライズサーチ

セキュア、かつ検索可能なリポジトリを経由してデータを探し、適切な人、部門に確実に共有できるしくみを構築しましょう。

Learn More

文書管理

様々な部門、拠点にわたる情報を確実に管理しましょう。重要な情報を製品データに紐づけることで履歴をトレースできるようになります。

Learn More