レジリエント(しなやか)なプラットフォーム

環境への持続可能性の構築

Find Out More

しなやかなプラットフォームのご紹介

Aras のレジリエントなプラットフォームのレイヤーが、どのように連携して、業界で最も柔軟な環境を形成するかをご覧いただけます。ローコード モデリング エンジンから、Aras のプラットフォーム サービスまで、適応し進化するように構築されています。

しなやかな思想を持つ人

Visionary(先見の明)」という言葉は、他の人たちが予見しなかった未来を想像した人々を表すためによく使われます。Aras では、そのような人々のことを「しなやかな思想を持つ人」と考えており、課題に取り組むそのような人々の柔軟なアプローチは、成功への大きな鍵です。しなやかなプラットフォームを定義する 3 つの重要な特性についてお伝えします

3 つの不可欠な特性

Aras では、しなやかなプラットフォームは、ユーザーを特有のテクノロジーに縛ることなく、変化するビジネス要件に適応するように開発されたプラットフォームと定義しています。 それは、すべての既存のカスタマイズを維持しながらアップグレードできるように作られたプラットフォームであり、データの透明性は完全に保たれています。

データの透明性

オープンプラットフォームを使用すれば、古いテクノロジーやソフトウェアベンダーにデータを預けるのではなく、自身でデータを所有できます。

技術的な進化性

プラットフォームはテクノロジーに縛られてはなりません。プラットフォームが継続的に有効であるためには、オープン・スタンダードに準拠して、柔軟に設計されている必要があります。

プロセスの適応性

ビジネスプロセスは、システムが追随できるかどうかとは無関係に、変化していきます。レジリエントな(しなやかな)プラットフォームは、単に変化に追随できるだけではなく、変化を促すほど適応性が高い必要があります。

テクノロジーの準備はできていますか?

従来の PLM は、そのままでは進化し続けるようには構築されていませんでした。メンテナンスには費用がかかり、アップグレードするには複雑すぎ、簡単にリプレースすることは困難でした。今こそ、開発コストを削減し、データ品質を向上させ、技術的な負担を最小限に抑える新しいモデルを準備しましょう。レジリエントな(しなやかな)テクノロジーがどのようにデジタル変革を可能にするかをご紹介します。

その他の情報

Aras のプラットフォーム

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

プログラム管理

製品開発プロセスを、プロジェクトのモニタリング、高い視点での可視化が可能な包括的なツールで自動化しましょう。

Learn More

要件管理

製品全体の構成に対して文脈をもった要件管理を行うために、変革的なテクノロジーに対応しましょう。

Learn More

プロダクト エンジニアリング

パーツ、マルチレベル BOM、CMⅡ 準拠の構成管理と設計変更管理、承認済みベンダーとメーカーリスト、そして文書管理。Aras のプロダクト・エンジニアリングには様々な機能が搭載されています。

Learn More

コンポーネントエンジニアリング

パーツ探し、承認、取引先選定、コンプライアンスへの対応プロセスを簡便にしましょう。Aras と IHS の提携により4億5千万のパーツデータを利用できます。

Learn More

技術文書

カタログ、メンテナンスマニュアル、法規制ファイル、トレーニングマニュアルといった文書作成をシンプルにしましょう。さまざまなソースからデータを引用可能です。

Learn More

メンテナンス管理

設計、製造、メンテナンスをプラットフォームで一元管理し、フィールドにデジタルスレッドを拡張しデジタルツインの基礎をつくりましょう。

Learn More

BOM の連携

製造データとプロセスをコントロールしましょう。グラフィカルで同時作業可能なプロセス計画、MBOM、作業指示書の作成、そして EBOM / MBOM の即時連携を実現しましょう。

Learn More

品質管理

製品の品質を保ち法制度コンプライアンスに適応しながら、開発サイクルを短縮しましょう。

Learn More

ビジュアルコラボレーション

会話のスナップショットをとると、意思決定の経緯が把握しやすくなります。ビジュアルコラボレーションによって、ユーザーは Aras Innovator のアイテムにコメント、マークアップが可能になります。 

Learn More

設計変更管理

製造業において変更が発生しないということはあり得ません。設計変更管理におけるArasのメリットをご覧ください。

Learn More

構成管理

外部サプライチェーンも含めた社内外の様々な関係者によって製品構成は変化していきます。それに対応可能な Aras のソリューションをご覧ください。

 

Learn More