リーダーシップ、エクスペリエンス、コミットメント

Aras の経営陣は、お客さまのニーズに耳を傾け、ビジネスの優先度を理解することによって、企業要件と業務経験に関する深い知識をもとに、グローバル企業の複雑な課題に対する革新的なソリューションを提供し、お客さまに比類ない価値をお届けします。

Roque Martin

Roque Martin [ロッキー・マーチン]

CEO [最高経営責任者]

ロッキー・マーチンは、企業の新規参入や成長促進、収益力向上の実績を持つエンタープライズソフトウェアのエグゼクティブです。エンジニアリングソフトウェアの経験が豊富で、30 年間にわたり Software as a Service(SaaS)、プロダクトマネジメント、損益管理、GTM(Go-to-Market)戦略、グローバルオペレーション等のリーダーとして貢献してきました。Aras の CEO 就任以前は、PTC において先進的な製品メーカーに対するシステムおよびソフトウェアエンジニアリングソリューションを提供する部門のゼネラルマネージャーと R&D 部門長を務めていました。また IBM では 25 年間にわたり、SaaS、買収に伴う統合、競合分析等の戦略立案に貢献しました。ロッキーは、常に職場環境において多様性、平等性、包括性に対して高い見識をもって取り組んできました。PTC と IBM では、ヒスパニック系とラテン系の従業員リソースグループを創設したメンバーです。

Rob McAveney

Rob McAveney [ロブ・マカベニー]

CTO [最高技術責任者]

ロブ・マカベニーは、技術に対する生涯の情熱をArasのCTOとしての職務に注いでいます。過去20年間、彼は主要産業企業の難しいビジネス問題を解決するリッチなソフトウェアプラットフォームの構築に熱心に取り組んできました。Arasのテクノロジー・ビジョナリーとして、構成管理、システム統合、およびエンタープライズソフトウェアを提供するうえで様々な現実的課題を踏まえつつ、将来のPLMテクノロジーに向けた設計を統率しています。Arasに入社する前は、PLM市場に早くから参入していたEignerでテクニカルセールスをリードしていました。Boeingでそのキャリアをスタートし、エンジニアリング、製造システム、およびプロセスに関する幅広い知識を習得しました。

Lalitha gunturi

Lalitha Gunturi [ラリサ・グントゥリ]

顧問弁護士

Arasの顧問弁護士を務めるラリサは、テクノロジー業界で15年以上の法務経験を有しています。彼女は、日々のビジネスニーズや戦略的取組みをサポートするために、法務サービスのあらゆる側面を主導しています。Arasに入社する前は、RSA Securityの副顧問弁護士として、NetWitnessビジネスのコーポレート・ゼネラリストおよび法務責任者を務めていました。ラリサは、Goodwin Procter LLPでアソシエイトとして法律家としてのキャリアをスタートし、その後、様々なテクノロジー企業で社内弁護士として勤務してきました。地元のコミュニティや弁護士会の役員として積極的に活動しており、多様性と包括性の取り組みにも情熱を注いでいます。2021年には、Massachusetts Lawyers Weekly In-House Leader in the Law Awardを受賞しました。

Will Porter

Will Porter [ウィル・ポーター]

Chief Financial Officer [最高財務責任者]

ウィルは、サイバーセキュリティ、ヘルスケア、金融サービスなど、さまざまな業界のSaaSおよびオンプレミスソフトウェア企業で30年の豊富な経験を持つ CFO です。高成長環境での経験により、有機的および合併・買収の両方を通じて成長に大きく貢献し、株式公開やM&Aとして成功を収めてきました。直近では、消費者向けデジタルセキュリティの簡素化を専門とするテクノロジー企業であるAura社のCFOを務めていました。Auraに在職する以前は、ObserveIT社、BlueTarp Financial社、Signiant社でもCFOを歴任していました。

Sam Zawaideh

Sam Zawaideh [サム・ザワイデ]

クラウド、カスタマーサクセスおよびコンサルティング担当 副社長

サムは、エンタープライズソフトウェアの開発と導入サービスにおいて25年以上の経営経験を有し、Arasではグローバルカスタマーサクセスとサービス推進の責任者を務めています。サムは、公的機関や民間企業の加速的な成長を支援してきた幅広い経験を活かして、成長の加速、マーケットにおけるリーダーシップ、顧客の成功、投資に対する大きな利益をもたらしています。Arasの前には、Dassault Systems、Savo Corp(Seismicにより買収)、Matrix One(Dassault Systemにより買収)、およびDyadem Ltd (IHSにより買収)のエグゼクティブを歴任しました。また、Adra Systems、Sherpa Corp、および Johnsonではフィールドリーダーを努めました。サムの専門分野には、プロフェッショナルサービス、製品とポートフォリオの管理、SaaSソリューションの開発と提供、製品ライフサイクル管理(PLM)、そしてハイパフォーマンスチームの構築などが含まれます。

Anne Scanlon

Anne Scanlon [アン・スキャンロン]

Chief People Officer [最高人事責任者]

最近Arasに入社したアンは、最高人事責任者(CPO)として人事戦略の策定と監督を担っています。以前は、アプリケーションパフォーマンス監視やソフトウェア開発・テスト用ツールを提供する情報技術企業のSmartBearでCPOを務めていました。また、Merck and Co., Inc.の子会社であるAptus Health, Inc.で最高人事責任者(CHRO)を務めた経験もあります。それ以前は、Thermo Fisher ScientificおよびEMCでグローバル人事部門のリーダーを歴任しています。アンは、ポジティブな従業員体験の構築と維持を専門としているだけでなく、経営陣と戦略的パートナーシップを構築し、当社のビジョンの拡大と支援にも貢献しています。

John Sperling

John Sperling [ジョン・スパーリング]

プロダクトマネジメント担当 上級副社長

ジョンは25年以上のエンジニアリングおよびエンタープライズソフトウェア開発の経験をArasのプロダクトマネジメントに活かしています。彼は、PLMプロジェクト/プログラム管理、ソフトウェアの実装やカスタマイズ、ユーザーインターフェース・デザインとユーザビリティについて深い知識を持つ結果重視のリーダーです。Aras以前、ジョンはOracleでエンジニアリング・コラボレーションおよびエンタープライズビジュアライゼーションのプロダクトマネジメント・ディレクターとして戦略的な製品ビジョンを推進しました。グローバル開発チームとインテグレーション・パートナー・ネットワークを率いて、製品ポートフォリオ全体で数百万ドル規模の成長を成し遂げました。それ以前は、BoeingとRockwell Internationalでスペースシャトル、宇宙ステーション、デルタロケット、GPS衛星や様々な実験車両のエンジニアリングシステム、ソリューションおよびプロセスを開発しました。

Andrey Knourenko

Andrey Knourenko [アンドレー・クヌレンコ]

エンジニアリング担当 副社長

エンタープライズソフトウェアで20年以上にわたる経験を持つアンドレー・クヌレンコは、ソフトウェア製品開発を管理するあらゆる側面で広範な専門知識をArasにもたらしています。アンドレーは、優れた技術チームを構築し、良質なエンタープライズソフトウェア製品を提供した豊富な実績があります。2005 年にArasに加わり、2013~2018年に商品開発担当VPを務めました。Arasに入社する前は、ウェブベースのエンタープライズ・ビジネス・プロセス・マネジメント・ソフトウェアを提供するNetView Technologiesの共同創設者でした。それ以前は、PTC用Pro/INTRALINK®の開発責任者を務めていました。

Armen Meguerditchian

Armen Meguerditchian [アルメン・メゲディチアン]

Chief Information Officer [最高情報責任者]

アルメンは、最高情報責任者として、Arasの受賞歴のあるプラットフォームの次世代版を構築し、完全にグローバルで分散化した流動的なワークフォースコラボレーションへのIT移行をリードしています。スタートアップ企業からフォーチュン50企業に至り30年以上の勤務経験を有し、プロセス改善とシステム導入に様々なアプローチを提供しています。また、ビジネスを前進させ、新たな市場へと拡大するために、適応性、柔軟性、および幅広いスキルが必要とされるIT/ISの場面において、パートナーシップアプローチを適用しています。それ以前は、IBMでCRM戦略の実践に携わりました。Arasに情報システム担当ディレクターとして入社する前は、一連のスタートアップ企業向けに情報システムを構築しました。

John Busa

John Busa [ジョン・ブッサ]

開発担当 副社長

ジョン・ブッサは、30 年近くのエンジニアリングソフトウェアの経験をArasにもたらし、部門の枠を超えた運用、製品管理、および製品開発で成功を収めています。Arasに入社する前は、aPrioriTechnologiesおよびCXOSystemsで、さまざまな上級運用および製品開発の役割で管理チームに勤務していました。 それ以前は、PLMソリューションの大手プロバイダーであるPTCで研究開発担当上級副社長を務めていました。 彼はこれらすべての企業の経営と成長において重要な役割を果たしてきました。

Stephane Guignard

Stéphane Guignard [ステファン・ギニャール]

欧州リージョンオペレーション担当 副社長

ステファン ギニャールは、製品ライフサイクル管理ソフトウェア業界における25年以上の経験をArasにもたらしています。情報システムアーキテクチャとビジネスプロセスの最適化、およびエグゼクティブセールスに関する幅広い専門知識を有しています。チームエンパワーメントに優れ、起業家精神にあふれており、1997年にはフランスにおける最初で最大の独立系PLMサービス会社であるPCO Technologies(後にアクセンチュアにより買収)を含む複数の企業を設立し経営しています。それ以前は、Schneider GroupでMetaphaseの世界的な実装プログラムを推進しました。

Masahiko Hisatsugu

Masahiko Hisatsugu [久次 昌彦]

アラスジャパン社長兼 Aras Corporation 日本リージョンオペレーション担当 副社長

久次 昌彦は、20年以上の技術経験を有した日本におけるPLMの第一人者です。Aras以前は、日本のPLMコンサルティング会社であるProgress Partners Consultingの創設者兼社長を務めました。それ以前は、Metaphase(現在のシーメンスPLM)の初代コンサルタントとして日本市場にPLMを紹介し、トヨタ自動車、コニカミノルタ、三菱、東芝、キヤノンを含む日本のリーディングカンパニーと協業してきました。その後、SAPにおいて日本におけるSAP PLM事業の創設に携わり、ビジネスソリューションの開発、戦略的マーケティングの推進、コンサルティング手法の確立に尽力しました。彼は「図解でわかるPLMシステムの構築と導入」を出版し、PLMに関する様々なブログも執筆しています。

ジョー・モーマン

Joe Moorman [ジョー・モーマン]

北米リージョン営業担当 副社長

ジョー・モーマンは 2022 年 6 月に、北米における営業担当の副社長として Aras に入社しました。彼は、Aras の PLM セールスのプロフェッショナルチームを率い、顧客のビジネスイニシアチブに関与し、製品の価値を高め、年間経常収益を成長させています。Aras に入社する前は、Autodesk 社の自動車および製造業向け北米セールス部門のシニアディレクターとして、7 年間自動車業界や製造業向けなどのさまざまなポジションを経験してきました。北米における Autodesk 社の大口顧客を担当し、1 億 3 千万ドルのビジネスを推進しました。それ以前は、PTC 社に 18 年以上在籍し、地域営業や戦略的営業の役割を担ってきました。

エンリケ・ロドリゲス

エンリケ・ロドリゲス

グローバルアライアンスおよびビジネスパートナー担当 副社長

エンリケ・ロドリゲスは、セールス、チャネル、シニアオペレーションエグゼクティブを経験し、様々な分野のプロフェッショナルチームを率いて成功を収めた実績があります。これからは、ソフトウェアと IT 業界での25 年以上にわたるグローバルセールスでの経験を Aras にもたらします。直近では、PTC でアメリカのセールス&チャネル担当副社長や、グローバルセールス&マーケティング担当副社長のアドバイザーを務めていました。PTC 以前は、JDA ソフトウェアで最高販売責任者を、IBMではセールス担当の上級管理職を歴任しました。また、IBM在籍中は、グロース市場、アジア太平洋地域、日本のソフトウェア・セールスおよびオペレーション、ラテンアメリカのソフトウェア・セールス担当副社長、IBM ソフトウェア・ブランド数社のセールス担当副社長などの役職についていました。Aras では、アライアンス担当のグローバルバイスプレジデントとして、OEM関係やビジネスパートナーチャネル、システムインテグレーターのために、リーダーシップを発揮していきます。

Roque Martin

Roque Martin [ロッキー・マーチン]

CEO [最高経営責任者]

ロッキー・マーチンは、企業の新規参入や成長促進、収益力向上の実績を持つエンタープライズソフトウェアのエグゼクティブです。エンジニアリングソフトウェアの経験が豊富で、30 年間にわたり Software as a Service(SaaS)、プロダクトマネジメント、損益管理、GTM(Go-to-Market)戦略、グローバルオペレーション等のリーダーとして貢献してきました。Aras の CEO 就任以前は、PTC において先進的な製品メーカーに対するシステムおよびソフトウェアエンジニアリングソリューションを提供する部門のゼネラルマネージャーと R&D 部門長を務めていました。また IBM では 25 年間にわたり、SaaS、買収に伴う統合、競合分析等の戦略立案に貢献しました。ロッキーは、常に職場環境において多様性、平等性、包括性に対して高い見識をもって取り組んできました。PTC と IBM では、ヒスパニック系とラテン系の従業員リソースグループを創設したメンバーです。

Tony Affuso

アンソニー(トニー)・J・アフーソ

取締役

トニー・アフーソは、シーメンス PLM ソフトウェアの前 CEO を務めていました。PLM ソフトウェア業界で、30 年以上にわたり企業の成長を牽引し、その経験をもとに Aras の取締役を務めています。シーメンス以前は、PLM 業界のリーダーである UGS のCEOを20年以上務め、UGS をスタートアップ企業から数十億ドルのグローバルリーダーへと成長させ、シーメンス PLM との合併を成功に導きました。また、彼はロボット・オートメーションのスタートアップ企業である Symbotic(シンボティック)の前 CEO であり、現在も取締役を務めています。

Jim Cashman

ジェームス(ジム)・E・キャッシュマン

取締役 

ジム・キャッシュマン 3 世は、Ansys(アンシス)の元会長兼 CEO を務めていました。テクノロジー、ファイナンス、セールス、オペレーションの各分野を経験し、40 年にわたって CAE(コンピュータ支援エンジニアリング)、PLM(製品ライフサイクル管理)、TP(トランザクション処理)など、ソフトウェア業界の数多くの企業の成功に大きく寄与しました。エンジニアリングシミュレーションソフトウェアの世界的リーダーである Ansys には 20 年以上在籍し、年間売上高 5,000 万ドルから 10 億ドル以上の企業に成長させ、S&P 500 にランクインしました。現在、ジムは Aras の取締役であることに加え、IT、産業オートメーション、バイオテクノロジーなどのハイテク企業数社の取締役および顧問を務めています。

Peter Schroer

ピーター・シュローラ 

取締役

ピーター・シュローラは、Aras の創業者であり、25 年以上にわたり革新的なソリューションと構造的な成長戦略を先導してきた前 CEO(最高経営責任者)で、ハイテク企業をマーケットリーダーに変身させました。Aras を設立する前は、PDM テクノロジーのプロバイダーである Eigner+Partner (Agile Software が買収)の米国事業部長と取締役を務めていました。 

Marianne Budnik

マリアン・バドニック

取締役

マリアン・バドニックは、サイバーセキュリティ、ネットワーキング、エンタープライズストレージの各分野のテクノロジーイノベーターおよびマーケットリーダーの企業で豊富な経験をもつ、熟練した IT 業界のリーダーです。彼女は、Go To Market 戦略やブランド構築、危機管理コミュニケーションにおいて専門性の高さで広く知られており、グローバルビジネス、産業や学術イベントにも頻繁に招かれています。これまでに、CrowdStrike(クラウドストライク)、CyberArk(サイバーアーク)、SimpliVity(シンプリビティ:現 HPE SimpliVity、HPEが買収)、Acme Packet(アクメ・パケット:Oracleが買収)、CA Technologies(CA テクノロジーズ)などでCMO(最高マーケティング責任者)を務め、Schibsted Media Group(シブステッド)では社外取締役として活躍してきました。バブソン大学で学士号を、ボストン大学で MBA を取得しています。