システムズ シンキング

競争力を発揮し続けるシステムを構築する

もっと見る

エンジニアリングのデジタル化におけるPLMプラットフォームの役割(英語)

製品の複雑さが増すにつれて、ライフサイクルのすべてのステップで、新しい方法論、設計ツール、構成管理など、設計へのアプローチを再考する必要があります。これには、製品のシステム中心のビューを実現する上でPLMプラットフォームが果たす極めて重要な役割(要件のトレーサビリティ、システムモデルの管理、シミュレーション、および分野横断的なコラボレーション)も含まれている必要があります。


アイグナー・エンジニアリング・コンサルト社のCEO兼シニアコンサルタントであるマーティン・アイグナー氏(GF)と、Arasのプロダクトマーケティング担当副社長であるマーク・ライシックが、エンジニアリングのデジタル化においてPLMプラットフォームが果たす役割について対談します。

Traditionally PLM systems were focused on management of mechanical designs. However, increasing complexity of products is changing that. Today engineering covers all the phases of product life cycle (from requirements through behavior, connectivity, architecture, individual design domains, service, operating, reuse, and recycling) and therefore we need to think of a design as a holistic system via a holistic approach to engineering. In fact, we need to think of a product as a system within systems—a system of systems. This is an evolution driven by the increasing product complexity towards what I call Systems Lifecycle Management, or SysLM, in contrast to Product Lifecycle Management, or PLM.

- Prof. Dr.-Ing Martin Eigner (GF)

複雑な製品におけるシステムズシンキングと設計

このデモでは、システムズ シンキングを用いて、デジタルスレッドの中心にシステムモデルを位置付けます。製品やそれに関する「システム」の複雑さに応じて、デジタルスレッドをカスタマイズする実践的なアプローチをご紹介します。デジタルスレッドは、各部門や各領域のエンジニアがそれぞれ最適化され、使い慣れたツールを利用しながらも、そこから生成されたデータの一元管理を可能にします。これにより、設計から製造、納品後に至るまでのライフサイクル全体にわたるデータのトレーサビリティと変更履歴を維持しながら、関係者の適切なデータアクセス、活用を実現します。

デジタルトランスフォーメーションの下地

組織がデジタルテクノロジーを活用するように変革するにつれ、多くの場合、導入前の障壁や、導入段階での摩擦があり、成功を妨げています。これらの障壁を克服するには、システムズ シンキングによる全体的なアプローチが必要です。テクノロジーはソリューションの一部ですが、真の成功は、古いプロセスを高速化するだけではなく、新しいテクノロジーを利用して必要な結果を達成することで得られます。

関連情報

もっと見る

要件管理

製品全体の構成に対して文脈をもった要件管理を行うために、変革的なテクノロジーに対応しましょう。

Learn More

システム アーキテクチャ

外部システムツールで作成された構成から、ツールに依存しないシステムアーキテクチャモデルを作成し、要件、シミュレーション、および詳細設計データをつないでデジタルスレッドを構築できます。

Systems Architecture

シミュレーション管理

正確性、再現性を確保しながら、シミュレーションデータ、プロセス、結果をつなげ、製品ライフサイクル全体を通した関係部署からの適切なアクセスを可能にしましょう。 

Learn More

プロダクト エンジニアリング

パーツ、マルチレベル BOM、CMⅡ 準拠の構成管理と設計変更管理、承認済みベンダーとメーカーリスト、そして文書管理。Aras のプロダクト・エンジニアリングには様々な機能が搭載されています。

Learn More

ビジュアルコラボレーション

会話のスナップショットをとると、意思決定の経緯が把握しやすくなります。ビジュアルコラボレーションによって、ユーザーは Aras Innovator のアイテムにコメント、マークアップが可能になります。 

Learn More

構成管理

外部サプライチェーンも含めた社内外の様々な関係者によって製品構成は変化していきます。それに対応可能な Aras のソリューションをご覧ください。

 

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革するための、エンドツーエンドの実用的なデータ。

Learn More

Build with Aras

急激に変化する今日のビジネスの世界で成功するには、未知のビジネスリスクに迅速に対応できるテクノロジーが不可欠です。

もっと見る

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

アップグレード性

Aras はサブスクリプションサービスの一環としてアップグレードを実施するため、ユーザー企業はテクノロジーに後れをとることなく使い続けられます。

Learn More

オープンアーキテクチャ

Aras はオープンなデータモデル、インターフェイスを搭載し、オープンな web 基準に則ったオープンアーキテクチャです。 

Learn More