デジタルスレッド

製造企業の企画から保守までを支えるバックボーン

ビジネスの成功に不可欠なデジタルスレッド

デジタルスレッドは、企画から設計、製造、品質管理、保守における、製品とそれに関連するデータ等、
様々な情報へのアクセスを可能にします。製造企業はデータ管理をさらにデジタル化することで、
急速に変化し競争の激しい市場において、どのような新しい製品やサービスを提供できるかといった
重要な判断材料を確保でき、市場競争力を強化することができます。

将来のビジネス課題に対処するためのデジタルトランスフォーメーション

illustration of a simple gear

製品の複雑さ

市場の変化に伴い革新的な次世代製品を求める顧客ニーズに早期対応する事へのプレッシャー

illustration of a simple gear

旧来のシステムプロセス

新規製品設計・製造を、
旧来のシステムとプロセスで稼働

競争力

競争の激化と、それにより求められる
迅速な市場投入と品質向上

デジタルスレッドで企画から保守までをつなぐ

生産性の向上
顧客・市場ニーズの変化へより迅速に対応
より高い品質
新製品・新機能の早期開発
完全なライフサイクルトレーサビリティの実現
製品のコネクテッド化、フィールドの情報を将来の製品開発へ活用
デジタルツインのための基礎を構築

ライフサイクルトレーサビリティと  デジタルスレッド

デジタルスレッドは、企画から設計、製造、品質保証、そして保守にいたるまで、製品とそのデジタル資産の追跡を可能にし、製品ライフサイクル全体のトレーサビリティの構築のカギとなります。このような途切れのない情報の流れが、製品ライフサイクルのあらゆる局面で意思決定に役立つ重要な洞察を生み、コミュニケーションとコラボレーションを向上させ、より迅速な市場投入とより良い製品へと繋がります。

デジタルスレッドによるトレーサビリティの構築となぜArasは他社と異なるのか?

真のデジタルトランスフォーメーションは、プロダクトイノベーションプラットフォームとともに始まります。
Arasのプラットフォームでは、重要な複数のアプリケーションへの連携の構築・維持ができます。
デジタルスレッドは、製品ライフサイクル全体で製品とその構成に関する情報を管理し、設計者から保守担当者まで、
すべての人が製品のデジタル化された履歴情報や関連するすべての資産へアクセスできます。
当社顧客は、Arasプラットフォームによるデジタルスレッド構築で膨大な利益を得る事を認めています。
以下は、企業の一例です:

illustration of a simple gear

変更作業の削減

複数部門の複数の旧式システム間でEBOMとMBOMの変換を同期させることで達成

illustration of a simple gear

データ入力の削減

スプレッドシート依存や、
データサイロを大幅に削減

illustration of a simple gear

ツールの削減

ユーザートレーニングとITメンテナンスの簡素化、かつ情報精度の改善を実現