要件管理

製造業のどの業界でもシステムの複雑さが増す中、製品構成全体の要件を管理できる技術への移行が求められています。Aras の Requirements Engineering アプリケーションは PLM プラットフォームで動作する次世代の要件管理ソリューションです。

顧客の要件

一般的にステークホルダーの要件は、顧客や管理機関からの文書に由来するか、内部のビジネス目標から抽出され、 それらによって製品がどうあるべきかが定められます。 これらの基本的な要件は、電子メールや会話、会議、ドキュメント、スプレッドシートから読み解き、正式な要求仕様書、個別要件、記録可能なパラメーター、ユニットや関係性に落とし込む必要があります。これがデジタルスレッドの基になります。

システムズ エンジニアリング

これらがシステムモデルに入力されることにより、厳密なエンジニアリングに活用する準備が整います。 特にエレクトロニクス、機械系、およびソフトウェアに関するすべての要件を利用可能にし、さまざまなエンジニアリング分野で認識できるようにすることで、今日の超複雑な開発に不可欠な全体像を実現できます。

サプライヤーとのデータ交換

サプライヤーは、ライフサイクルのできるだけ早い段階で特定のパラメーターと要件にアクセスできる必要があります。 この段階でのトレーサビリティとコラボレーションの実現は、独自の競争優位性をもたらします。

詳細設計

既知の要件やパラメーターが豊富な環境では、分野横断的な変更管理や問題解決の可視化、求められた結果の包括的なシステムビューによって、コラボレーションが可能になります。設計者は、コンポーネント、部品、アセンブリ、およびシステムを完全な最終製品に仕上げ、内部および外部のステークホルダーの要件を満たすことができます。

シミュレーション

その後、ライフサイクル全体にわたって継続的にシミュレーションが行われ、信頼性が向上し、既知のパラメーターが検証されます。必要なデータは PLM にアクセスしている関係者の間ですぐに利用できるため、シミュレーションの自動化が可能になります。多分野に渡って多くの歪みを含んだ今日の複雑な製品では、これは不可欠です。

製造とテスト

製造およびテストで収集されたデータを関連付けて、元の要件にさかのぼることができます。

メンテナンス

製品ライフサイクルのこの最終段階では、新しいビジネスモデルとビジネス機会につながる顧客体験のデータを追跡・収集します。例えば自動車メーカーは、もはや自動車を開発するのではなく、自動車とサービスを所有する「モビリティ サービス」を開発しています。 この時のフィードバックにより新たな要件が形成され、ループが閉じライフサイクルは継続します。

Aras-Innovator-Demo-Series-Linking-Requirements-to-your-Product-Engineering-Data

要件の統合

Aras Requirements EngineeringREは、階層化されたひとつの複合領域の要件を作成し、複雑なシステムズエンジニアリングのシステム設計プランニング、開発および製造支援のための強力な機能を提供しています。
設計変更管理(Change Management)ワークフローでは、ライフサイクルを通して、変化に追従し、要件がシステムまたは製品と同期していることを保証します。

Requirements Engineering 製品紹介

Requirements Engineering は、システムズエンジニアリングを支援するエンタープライズ PLM に組み込まれた、次世代型の要件管理ソリューションです。

eBook-RE

要件管理に関する eBook

製品はますます複雑になっているため、システムや製品の設計には要件管理が非常に重要です。しかし、要件管理は依然として独立したスタンドアロンの要件管理ツールで行われていることが少なくありません。そして、実際には、多くの設計の失敗は要件管理の不備に起因する可能性があります。この eBook は、要件管理に関して企業が直面している現在の課題とリスクを調査し、Aras の要件管理向けアプリケーション「Aras Requirements Engineering」によって提供されるソリューションと利点を概説します。

ブログ

Related Capabilities