要件管理

要件を管理するための、可変のテクノロジー

要件を管理する

昨今の産業界のマーケット全体に広がる、システムの複雑さの高まりは、製品構成全体の背景・意図を踏まえた要件管理を実現することができる可変的な技術を求める風潮につながっています。Aras の要件管理ソリューションは新しく、PLMプラットフォーム上で要件を管理する次世代のソリューションです。 
Capturing variability

統合された要件

Aras の要件管理ソリューションは、多分野からの要件をヒエラルキーにすることで、複雑なシステムズエンジニアリングの企画と開発に対応できるパワフルな機能を備えています。Aras の設計変更管理ソリューションとも同期され、ライフサイクル全体を通じた製品やシステムの進化をカバーします。

もっと見る

ものづくりを難しくしすぎてはいけない

ものづくりは簡単なことではありませんが、ますます難しくなっています。テクノロジーの世界は進化を続け、要件定義、設計、生産、そしてメンテナンスすることの難易度も高まっています。 

新しいテクノロジーで新たなものづくりをする

プロジェクト初期段階のステークホルダーの要件を正確にとらえ、Aras の要件管理ソリューションで管理することで開発期間、コスト管理、品質を改善しましょう。 

新たなツール、時代遅れのツール

スプレッドシートやその他のオーサリングツールなど時代遅れのスタンドアロンツールで要件を管理するのをやめ、Aras の要件管理ソリューションで関連付け、追跡しましょう。Aras は柔軟で拡張可能、そしてアップグレード可能なPLMプラットフォームです。 

Aras 要件管理ソリューション概要

Aras の要件管理ソリューションは、エンタープライズPLMに組み込まれた、システムズエンジニアリングのためのソリューションです。 
Aras' Requirements Engineering Application

Aras のソリューションを導入すると決定したことは、記録的な速さで報われました。究極を言えば、Aras のこの新しいアプローチで、私たちの顧客にメリットがあったのです。私たちの顧客は様々な業種に属し、多様な製品を扱っており、最大限の安全性が求められるのです。 

- Magnus Erenstedt Development Manager Gothenburg, Consilium Marine & Safety Magnus

関連項目

システムズ シンキング

デジタルトランスフォーメーションの一環としてシステムズ  シンキングの考え方を適用することにより、複雑化の管理、緊急課題の軽減、さらにはシステムオブシステム環境の最適化につながります。

Systems Thinking

システム アーキテクチャ

外部システムツールで作成された構成から、ツールに依存しないシステムアーキテクチャモデルを作成し、要件、シミュレーション、および詳細設計データをつないでデジタルスレッドを構築できます。

Systems Architecture

シミュレーション管理

正確性、再現性を確保しながら、シミュレーションデータ、プロセス、結果をつなげ、製品ライフサイクル全体を通した関係部署からの適切なアクセスを可能にしましょう。 

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

技術文書

カタログ、メンテナンスマニュアル、法規制ファイル、トレーニングマニュアルといった文書作成をシンプルにしましょう。さまざまなソースからデータを引用可能です。

Learn More

文書管理

Aras では、製品の設計から製造、メンテナンスに至るまでに作成される重要な文書の管理が可能です。

Learn More

エンタープライズサーチ

設計要求から図面まで、ライフサイクル全体にわたる重要な情報を共有、検索可能にし、必要な人や部署が情報を迅速に取得できるようにしましょう。

Learn More

ビジュアルコラボレーション

会話のスナップショットをとると、意思決定の経緯が把握しやすくなります。ビジュアルコラボレーションによって、ユーザーは Aras Innovator のアイテムにコメント、マークアップが可能になります。 

Learn More

ワークフロー

製品開発は様々なフェーズを経て行われます。Aras のワークフロー機能により、プロセスを管理し、製品の位置を確認することができます。

Learn More

設計変更管理

製造業において変更が発生しないということはあり得ません。設計変更管理におけるArasのメリットをご覧ください。

Learn More

航空宇宙・防衛

製品にまつわる情報やプロセスと、ミッションクリティカルな要件の的確な管理が求められる航空宇宙・防衛業界での事例はこちら

Learn More