シミュレーションをエンジニアリングプロセスのメインストリームに接続する

製品の複雑さと、市場の競争の双方が高まるにつれて、設計の最適化、コンプライアンス、予測的メンテナンス、クローズドループ開発、付加製造技術、およびジェネレーティブデザインに至るまで、シミュレーションの求められる範囲は拡大しています。

この価値を実現するには、製造業各社は製品ライフサイクル全体にわたってエンジニアリングのメインストリームにシミュレーションを接続し、デジタルスレッドを拡張する必要があります。

シミュレーションの課題

既存のシミュレーションプロセスデータ管理(SPDM)ツールにより、シミュレーションのサイロが生じ、製品ライフサイクル全体のシミュレーションをサポートすることができません。効果的なSPDM機能がなければ、各部門はシミュレーションを既存の設計プロセスに効率的に組み込むことができず、稼働済みの製品についてのシミュレーションもできません。

Open, Platform-based SPDM

Aras brings SPDM capability into its open PLM platform to connect simulation to the Digital Thread, enabling simulation analysis to be an integral part of developing, manufacturing and supporting complex products.

This approach maximizes simulation’s value in systems engineering, configuration and variant management, verification and validation (V&V), design reuse, compliance and emerging applications in Digital Twin and IoT.

シミュレーションによるメリット

  • 物理プロトタイプにかかる高いコストを削減
  • 市場で成功を収めるための製品設計の最適化
  • 稼働中の製品からのフィードバックを次世代製品に活用
  • メンテナンスコストを低減

ご利用方法

PLMとPDM 機能はAras® アプリケーション上で動作し、オープンアクセス機能またはサブスクリプションベースのいずれかで利用することができます。

動作アプリケーション
オープンアクセス機能 サブスクリプション
Aras® Comet SPDM  

もっと見る

Unlock Simulation’s Value Across the Product Lifecycle

As product complexity increases and businesses seek opportunities for growth, simulation moves to the forefront for strategic capabilities around the Digital Twin, for predictive maintenance and closed-loop development, as well as additive manufacturing, and generative design.

A Brief Discussion on The Business of Engineering

Business of Engineeringとは何か?(2分)

Aras CEOのPeter SchroerがBusiness of Engineering(ものづくりのビジネス全体を効率化)の考え方について概要をご覧いただけます。

The Aras PLM Platform

Aras Innovator概要(日本語)

Aras Innovator概要をお読みいただき、なぜグローバル企業がコスト削減、リスク軽減、開発期間短縮のためにArasに移行しようとしているのか、その理由をお確かめください。