シミュレーションマネージメント

デジタルスレッド・エンタープライズシミュレーション

シミュレーションタスクの自動化により製品開発を強化(英語)

設計業務におけるシステムはますます複雑になり、自動化され、一貫性があり、再現性があり、追跡可能な、堅牢でインテリジェントなシミュレーションの需要が高まっています。 既にシミュレーションアルゴリズムは強化されていますが、分野横断的に、より多くのチームに普及させる必要があります。 最終的に目指すべきは、より多くのシミュレーションを可能にし、シミュレーションのボトルネックを減らし、電子的な検証を可能にし、製品定義の変更に迅速に対応することです。

シミュレーションの価値を広げる

 

シミュレーションは、設計サイクルの加速、パフォーマンスの最適化、手戻りの削減、およびコストの管理に役立ちます。しかし、その価値は歴史的に、サイロ化されたツールと専門知識によって制限されてきました。

Aras を使用してデジタルスレッドでシミュレーションを管理すると、シミュレーションの入力、プロセス、および結果が、正確で追跡可能な、一元管理された製品構成の記録に紐づけられます。これにより、アクセス性、再現性、コラボレーションが向上し、積層造形、ジェネレーティブデザイン、デジタルツイン、システムデザインのシステム、機械学習/ AI などの戦略的イニシアチブの自動シミュレーションが可能になります。

Aras は ANSYS と戦略的な OEM パートナーシップを結んでいます。 ANSYS Minerva (powered by Aras) を、すぐに使用できるシミュレーションプロセスおよびデータ管理ソリューションとしてご検討ください。

シミュレーションのベストプラクティスを多数のチームで活用する

 
シミュレーションはこれまで、専門家だけがアクセスできる高度に専門化されたツールを使用してサイロで管理されてきました。エンジニアリングとシミュレーションの間の手作業でのデータ受け渡しは、時間がかかり、非効率的で、ミスが発生しやすいうえ、デジタルスレッドのトレーサビリティを妨げ、シミュレーションの使用と価値を制限します。
Aras のシミュレーション管理は、シミュレーションのベストプラクティスを、Aras Innovator で管理される製品データのデジタルスレッドに結び付け、複雑な製品の開発、製造、およびサポートにおいて、シミュレーションを統合され、追跡可能で、繰り返し可能なステップにすることを可能にします。

プラットフォームベースのシミュレーション管理を活用する

 
Aras シミュレーション管理を使用すると、製品ライフサイクルにかかわるあらゆるチームは、使いやすく、自動化された、繰り返し可能なシミュレーションプロセスを安全かつ堅牢に実行できます。エンジニアは誰でも、正確な入力への自動アクセスでシミュレーションを開始し、利用可能なマルチフィジックス、マルチフィデリティツールと設定を活用し、ある設計バリエーションから次のバリエーションへの調査結果を比較し、製品の適切なバージョンに接続されたシミュレーション結果を使用してタイムリーな意思決定を行うことができます。

また、既存の CAD およびシミュレーションソフトウェアを活用するためのコネクタを使用すると、現在のシミュレーションにかける投資を企業内のより多くのチームに簡単に拡張でき、システム入れ替え作業に伴う時間、コスト、トレーニングを回避できます。

デジタルスレッドでシミュレーションの価値を実現


  • タイムリーな意思決定支援と適切な製品構成と要件に紐付いた設計検討

  • 製品のライフサイクルを通して、全ての関係者がシミュレーションプロセスのベストプラクティスへアクセス可能

  • オンデマンドによる適正なモデルフェデリティレベルでのシミュレーション

  • デジタルツイン、ジェネレーティブデザイン、システムシミュレーション・システム、および機械学習/ AIプロジェクトのためのシミュレーション自動化

ご利用方法

Aras アプリケーション上で動作するAras® アプリケーションはオープンアクセス機能もしくはサブスクリプションベースのいずれかで利用することができます。















動作アプリケーション

オープンアクセス機能サブスクリプション
Aras Comet 

もっと見る