シミュレーションの価値をスケールアップ

シミュレーションのメリットは、設計期間短縮、パフォーマンスの最適化、手戻りの削減、およびコストの抑制です。しかし、これまでサイロ化されたツール群や専門知識が必要されることから、その効果は限定的でした。Arasを使用してデジタルスレッドでシミュレーションを管理すると、入力値・プロセス・結果を関連付けることができ、正確で、トレース可能な製品の構成管理が可能となります。これにより、アクセス、再現性、協調性が向上し、付加製造(additive manufacturing-AM)、ジェネレーティブデザイン、デジタルツイン、システムデザインシステム、機械学習などの戦略的プロジェクトの自動シミュレーションが可能になります。

より多数の部門がシミュレーションベストプラクティスを活用

シミュレーションは通常、スペシャリストだけが利用できる非常に高度で特化したツールを使用して限定的な(サイロ化された)環境で管理されています。
エンジニアリングとシミュレーション間の手作業によるデータのやり取りは、デジタルスレッドのトレーサビリティを妨げ、非常に時間がかかる、非効率的でエラーが発生しやすいプロセスとなり、シミュレーションの活用と価値を制限してしまいます。

Aras Simulation Managementは、シミュレーションのベストプラクティスをAras Innovatorで管理されている製品データのデジタルスレッドに結びつけ、複雑な製品の開発、製造、サポートにおける統合されたトレース可能で再現可能なステップにします。

プラットフォームベースのシミュレーション管理を活用する

Aras Simulation Managementを使用すると、ライフサイクル全体を通じて、使いやすく自動化された再現可能なシミュレーションプロセスを安全かつ確実に実行できます。 どのエンジニアも、正確に値を入力し、利用可能なマルチフィジックス、マルチフィデリティツールを活用し、シミュレーションを実行することができます。設計バリエーションごとに結果を比較し、適切なバージョンに関連するシミュレーション結果を関連付け、タイムリーな決定を下すことができます。

また、既存の商用および社内のCADおよびシミュレーションソフトウェアを活用するためのコネクタを使用すると、シミュレーションをよりエンタープライズレベルの多数部門にて活用頂け、「ツール変更」時に伴う作業時間、コスト、トレーニングを回避できます。

デジタルスレッドでシミュレーションの価値を実現

  • タイムリーな意思決定支援と適切な製品構成と要件に紐付いた設計検討
  • 製品のライフサイクルを通して、全ての関係者がシミュレーションプロセスのベストプラクティスへアクセス可能
  • オンデマンドによる適正なモデルフェデリティレベルでのシミュレーション
  • デジタルツイン、ジェネレーティブデザイン、システムシミュレーション・システム、および機械学習/ AIプロジェクトのためのシミュレーション自動化

ご利用方法

Aras® アプリケーション上で動作するAras® アプリケーションはオープンアクセス機能もしくはサブスクリプションベースのいずれかで利用することができます。

動作アプリケーション
オープンアクセス機能 サブスクリプション
Aras® Comet SPDM  

もっと見る