デジタルツイン

あらゆる業種、資産をつなげる

もっと見る

デジタルツインの重要性

物理的な製品を元にデジタルツインが作成されれば、その活用の機会は格段に拡がります。例えば、製造され運用されている製品は一つひとつが固有なので、それごとに何をしなければならないか、どのようなことが可能か、に対応できるようになります。Aras からのメッセージをご覧ください。(英語)

価値創造のために今すぐ始めましょう

デジタルツインについてのよくある質問に、Aras の CTO である Rob McAveney が答えます。デジタルツインとは何か、構築方法、デジタルツインが生み出す価値、そしてどのように始めるべきか。

変わりゆくコンテキストの複雑性に対処する

プロセスの改善、結果の予測、問題の防止、より良い製品の構築、パフォーマンス測定。これらを実現し、より高度な製品の開発および資産活用の戦略立案を開始するために、デジタルツインによるデータのつながりが求められています。

illustration of a simple gear

個別化

製造中、保守フェーズにあるすべての製品の構成を作成・管理できますか? 個別化されたコンテキストにより、過去を理解し、将来の挙動を予測することができます。

illustration of a simple gear

動的

デジタルツインは様々なユースケースで使われるため、静的なデータモデルでは機能せず、コストばかりかかり、失敗に終わります。データモデルが動的であることが成功の秘訣です。

illustration of a simple gear

追跡可能

製品のデジタル資産にどのようにアクセスし追跡していますか? 製品のライフサイクル全体を通じて意思決定に役立つ重要な洞察を得て、コミュニケーションとコラボレーションを向上させましょう。

デジタルツインで稼働時間を拡大する

資産の個々の構成を作業指示書と連携することにより、メンテナンス担当者は重要な情報をもとに調査できるため、作業を途切れさせることなく完了できます。

製造業がデジタルへ転換し、製品、サプライチェーン、オペレーションの複雑さが高まるにつれ、製造業と製品所有者、運用者は、製品と資産の品質を最適化し、カスタマーエクスペリエンスを改善するためにデジタルツインを利用する傾向にあります。時間の経過とともに変化する資産の構成を管理できることが、効率的なデジタルツイン戦略の基本的要素となります。

- Jeff Hojlo, Program Director of Product Innovation at IDC

デジタルツイン関連資料

もっと見る

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革するための、エンドツーエンドの実用的なデータ。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

Build with Aras

急激に変化する今日のビジネスの世界で成功するには、未知のビジネスリスクに迅速に対応できるテクノロジーが不可欠です。

もっと見る

メンテナンス管理

設計、製造、メンテナンスをプラットフォームで一元管理し、フィールドにデジタルスレッドを拡張しデジタルツインの基礎をつくりましょう。

Learn More

Dynamic Product Navigation

Product design is more than CAD. Aras connects CAD visuals with critical PLM data in a seamless, easy-to-navigate interface to enhance the work of every engineer.

Watch the Demo

航空宇宙・防衛

製品にまつわる情報やプロセスと、ミッションクリティカルな要件の的確な管理が求められる航空宇宙・防衛業界での事例はこちら

Learn More

ハイテク・エレクトロニクス

業界の基準、品質を守り、法規制やコンプライアンスに対応するために、プロセス自動化、ワークフロー、文書管理、製品機能性向上など、グローバルでの製品開発はますます進化しています。

Learn More

ライフサイエンス

厳格な法規制、複雑な製品開発と生産プロセス、包括的な研究・試験。これらはミッションクリティカルな課題であり、プラットフォームアプローチが求められます。

Learn More