ライフサイエンス

製品ライフサイクル全体の法規制、コンプライアンスに対応する

Aras プラットフォームを利用するライフサイエンス業界のリーダー

医療機器向け PLM で設計をコントロールする

プロジェクト管理統合された設計要件から、製品データの追跡、レポーティングまで、業界のリーディングカンパニーは重要な課題に対して柔軟で、拡張性がありアップグレード可能なPLM で対応しています。 

Minerva Medical Device PLMは、業務をより効率的に行い、市場への製品投入リードタイムを短縮し、法規制やコンプライアンスへの確実な対応を可能にします。 

動画をご覧ください。

製品革新、コンプライアンス、リーン製品開発

ライフサイエンス業界の業務は、複雑な法規制に対応するため
コラボレーションや統制されたアクションが製品開発に求められています。 


しかし、旧来の PLM や、スタンドアロンのデータベース、その他分断されたシステムの制約により、
DMR(機器原簿)、DHF(機器履歴簿)、設計変更オーダー、CAPA、プロジェクトデータなどの追跡が難しくなっています。
データの接続性、透明性に制約がある状態では、重要な設計情報も手作業で取り扱わなくてはいけない事態に陥ります。 

illustration of a simple gear

品質、コンプライアンス、そして製品革新

厳しい規制、多分野・多部門にわたる開発および生産プロセス、包括的な研究、およびそれにまつわるリスクは、今日のグローバルライフサイエンス企業が直面するミッションクリティカルな課題です。 

illustration of a simple gear

柔軟でレジリエントなプラットフォームの必要性

プラットフォームはテクノロジーによって制約を受けるべきではありません。プラットフォームが高い接続性を保ち続けるには、そのプラットフォームの構造はオープンスタンダードに準拠し続け、柔軟である必要があります。

illustration of a simple gear

ワールドワイドな革新、品質、そして即応性の実現

製品、サービス、施設、機器のいずれの面でも、ライフサイエンス企業は、最新の進歩に対応し、革新的な製品をより迅速に市場に投入するという絶え間ない圧力に直面しています。

Minerva 社と Aras が提供するソリューションが、エンドユーザーの業務を非常に簡便にするとわかると、彼らはすぐに新しいシステムに適応します。 Aras Innovator に加えて、Minerva Medical Device PLM を使用すると、非常に使いやすい、素晴らしくわかりやすいソリューションを手にすることができます。ソリューションを導入し変わったことといえば、すべてが簡単に行えるようになったことです。これらの機能は現在、大変有用であるため、ユーザーはこのシステムを使用して非常に満足しています。

- Eli Tuber, IT Process Manager at Carestream Health

もっと見る

関連資料

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

オープンアーキテクチャ

Aras はオープンなデータモデル、インターフェイスを搭載し、オープンな web 基準に則ったオープンアーキテクチャです。 

Learn More

安全性

Aras のプラットフォームの安全性により、企業の知的財産を保護し、重要な法規制に対応します。

Learn More

要件管理

製品全体の構成に対して文脈をもった要件管理を行うために、変革的なテクノロジーに対応しましょう。

Learn More

航空宇宙・防衛

製品にまつわる情報やプロセスと、ミッションクリティカルな要件の的確な管理が求められる航空宇宙・防衛業界での事例はこちら

Learn More

自動車

Aras が自動車業界のこれからの課題にいかにして対応可能か、ぜひご覧ください。

Learn More

ハイテク・エレクトロニクス

業界の基準、品質を守り、法規制やコンプライアンスに対応するために、プロセス自動化、ワークフロー、文書管理、製品機能性向上など、グローバルでの製品開発はますます進化しています。

Learn More

産業機器

産業機器業界では、市場の変化に対応しながら競合他社をしのぎ、新たな市場機会を見逃さずにスマートでコネクテッドな製品を継続的に開発していくことが求められています。

Learn More