医療機器メーカーが 製品ライフサイクル管理の メリットを得るために

 

かつてないほどに多くの医療機器メーカーが、効率化に取り組み、コスト削減と管理を行うと同時に、商品化までの時間を短縮して多くの製品を市場投入しようとしています。
さらに、医療機器メーカーの大半は、多数のサプライヤーやパートナーとの協力が求められる複雑なサプライチェーンの中で業務を進めています。この状況が、問題をさらに困難にしていることが少なくありません。製品が生まれてから廃版に至るまでのライフサイクル全体のすべてを扱うプロセス、プロジェクト、情報の管理が、事業部門全体にわたって、およびサプライチェーン内でも、機器原簿(DMR)から、機器履歴ファイル(DHF)、顧客クレームに対する設計変更指示、是正処置と予防処置(CAPA)、プロジェクトデータに至るまでの多くが最適化されていないということが明らかになっています。

 

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。