レジリエントな(しなやかな)プラットフォーム

環境への持続可能性の構築

Find Out More

しなやかなプラットフォームのご紹介

Aras のレジリエントなプラットフォームのレイヤーが、どのように連携して、業界で最も柔軟な環境を形成するかをご覧いただけます。ローコード モデリング エンジンから、Aras のプラットフォーム サービスまで、適応し進化するように構築されています。

しなやかな思想を持つ人

Visionary(先見の明)」という言葉は、他の人たちが予見しなかった未来を想像した人々を表すためによく使われます。Aras では、そのような人々のことを「しなやかな思想を持つ人」と考えており、課題に取り組むそのような人々の柔軟なアプローチは、成功への大きな鍵です。しなやかなプラットフォームを定義する 3 つの重要な特性についてお伝えします
Resilient-Platform

3 つの不可欠な特性

Aras では、しなやかなプラットフォームは、ユーザーを特有のテクノロジーに縛ることなく、変化するビジネス要件に適応するように開発されたプラットフォームと定義しています。 それは、すべての既存のカスタマイズを維持しながらアップグレードできるように作られたプラットフォームであり、データの透明性は完全に保たれています。

illustration of a simple gear

データの透明性

オープンプラットフォームを使用すれば、古いテクノロジーやソフトウェアベンダーにデータを預けるのではなく、自身でデータを所有できます。

illustration of a simple gear

技術的な進化性

プラットフォームはテクノロジーに縛られてはなりません。プラットフォームが継続的に有効であるためには、オープン・スタンダードに準拠して、柔軟に設計されている必要があります。

illustration of a simple gear

プロセスの適応性

ビジネスプロセスは、システムが追随できるかどうかとは無関係に、変化していきます。レジリエントな(しなやかな)プラットフォームは、単に変化に追随できるだけではなく、変化を促すほど適応性が高い必要があります。

テクノロジーの準備はできていますか?

従来の PLM は、そのままでは進化し続けるようには構築されていませんでした。メンテナンスには費用がかかり、アップグレードするには複雑すぎ、簡単にリプレースすることは困難でした。今こそ、開発コストを削減し、データ品質を向上させ、技術的な負担を最小限に抑える新しいモデルを準備しましょう。レジリエントな(しなやかな)テクノロジーがどのようにデジタル変革を可能にするかをご紹介します。

その他の情報