構成管理

ライフサイクル全体の製品構成を管理

構成管理は一筋縄ではいかない

製造している製品が1つだけだったとしても、多くの場合、顧客ごとに複数のバリエーションが存在します。製品が同じでも、少しずつ異なるのです。 
これらの違いを管理し、要件を追跡し、それらを製造フェーズやアフターサービスフェーズへ引継ぐことは、同じことを繰り返すことにたけている製造環境に全体的な複雑さをもたらすことになります。
Configuration Management

コラボレーティブな変更管理で、製品開発プロセスを最適化

管理とコミュニケーションは製造業のどの企業にとっても課題です。明確に、コラボレーションしながら、透明性を持ったやり方で完了させる必要があるにも関わらず、これまでにない製品開発環境の複雑化によって、これらのプロセスは指数関数的に難しくなってきています。 
Aras Innovator では、製品変更履歴は製品開発の一部として自動的に記録され、さらに製品のデジタルスレッドを構築します。(英語)

バリエーション管理

オプションとバリエーションの管理は、設計ごとの違いを制御するために不可欠です。 Aras は、それを実現し、バリューストリームを通じてそれを伝えるために構築されています。

Aras の Effectivity が可能にする、多様な有効性条件を満たす製品構成

受注組立生産や、受注開発などのビジネスモデルによっては Effectivity(エフェクティビティ)、つまり有効性条件に応じて製品構成が多種多様に変更します。モデル、日付、ユニット番号、ロットなどの条件に応じてすべての製品構成や BOM を手動で管理することは工数もかかり、またミスを誘発する可能性もあります。Aras の Effectivity では、これらの有効性条件による、多岐にわたる製品構成のバリエーションの一元管理を可能にし、Aras プラットフォーム上の様々なデータとのデジタルスレッドを構築します。

Aras のパワフルな構成管理

Arasプラットフォームによるシステムの変動性の管理

エンジニアは、すでに解決済みの問題に繰り返し直面し、再度分析することに多くの時間を費やしています。いまだに、構成管理され、問題解決済みのシステムモデルインスタンスは存在していません。システムの変動性を正式に管理することは、何が行われたかを追跡し、それを再利用する方法を理解するための鍵となります。(英語)

Stop Wasting Time

BOM(部品表)

複雑な製品を市場に投入するということは、機械/電気コンポーネントと組み込みソフトウェアの BOM を共同で管理することを意味します。Aras を使用した BOM 管理は、単一のデータベース内の複数の情報ソースを接続および管理するのに役立ち、適切なデータが適切な人に届くようにします。

ユーザー事例

Key Systems は、Aras が変更プロセスを改善して市場投入までの時間を短縮し、利害関係者のコラボレーションを増やし、提案された各変更の影響を理解する方法を話しています。動画をご覧ください。

改善された変更管理

Consilium は、Aras を使用してドキュメントおよびパーツと変更管理の可視性を高め、柔軟性とスケーラビリティを高めます。

関連トピックス

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革するための、エンドツーエンドの実用的なデータ。

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

プロダクト エンジニアリング

パーツ、マルチレベル BOM、CMⅡ 準拠の構成管理と設計変更管理、承認済みベンダーとメーカーリスト、そして文書管理。Aras のプロダクト・エンジニアリングには様々な機能が搭載されています。

Learn More

要件管理

製品全体の構成に対して文脈をもった要件管理を行うために、変革的なテクノロジーに対応しましょう。

Learn More

BOM管理

製品ライフサイクル全体にまたがってBOMデータを管理しましょう

Learn More

設計変更管理

製造業において変更が発生しないということはあり得ません。設計変更管理におけるArasのメリットをご覧ください。

Learn More

エンタープライズサーチ

設計要求から図面まで、ライフサイクル全体にわたる重要な情報を共有、検索可能にし、必要な人や部署が情報を迅速に取得できるようにしましょう。

Learn More

ワークフロー

製品開発は様々なフェーズを経て行われます。Aras のワークフロー機能により、プロセスを管理し、製品の位置を確認することができます。

Learn More