ばらばらな技術文書配布プロセス

カタログ、メンテナンスマニュアル、義務付けられた提出書類、およびトレーニングマニュアル等の技術文書を作成する際、従来の技術文書配布システムではデータを複数の場所から引っ張り出すことが必要で、遅々として進まず、ミスも起こりがちでした。

データの出元がバラバラで、関連性のある情報や最新情報を見つけにくいと、作成に長い時間が必要で、ミスも起こりやすく、作成費用も多くかかります。

Technical Publications with Aras PLM

スマートな技術文書作成

Aras技術文書作成機能は、Aras Innovator®プラットフォーム上で開発されたコンテンツ作成ツールで、PLMコンテンツを直接使用する新しい手法で技術文書を作成・配布します。

Orio社 (旧 Saab Original Parts)との共同開発で作成されたこのウェブベースのソリューションでは、書き直し時間を削減し、PLMコンテンツからモジュラー単位で参照することでミス発生のきっかけを排除しています。さらに、設計変更指示(ECO)の通知が自動的に文書更新のトリガーとなるようにすることも可能で、これにより、関連性のある最新の情報を使用して技術文書を作成・配布します。

主な機能

  • 埋め込み、または参照されたPLMコンテンツをあらかじめ技術文書に使用
  • ユーザーが定義するテンプレートで管理される技術文書作成
  • 設計変更指示における、関連する技術文書の更新(個別またはバッチ処理として)のトリガーとすることが可能
  • ウェブベースのソリューションなので、クライアント端末へのインストールが不要
  • WYSIWYGのエディターで、XML、HTML、およびPDF形式の配布に対応

技術文書とその課題および解決法とは何か

既存の技術文書とその課題および解決法についてご覧いただけます。

メリット

  • PLMベースのソリューションとは、技術文書作成チームが1つの場所にある最新のPLMデータを利用できることを意味します。
  • 設計変更指示(ECO)が通知のトリガーとなるので、技術文書が最新かつ承認された情報で構成されます。
  • 組み込みPLMコンテンツによって書き直しや打ち込み直しの時間を削減し、ミスが発生するきっかけを排除します。
  • モジュラー化されたスキーマによってコンテンツの再利用が促進され、その結果作業時間が減り、技術文書の正確性が向上します。
  • コンテンツがテンプレート化されているため、一貫性が維持され、法規制や安全基準の遵守、および会社ガイドラインの徹底を実現します。
  • 部門や地域を横断した作成者間のコラボレーションによって、技術文書作成時間を削減します。

ご利用方法

Aras技術文書作成は、Aras Innovator のアプリケーションです。オープンアクセスベース、または年間サブスクリプションのいずれでも利用可能です。

ダウンロードはこちらから

関連機能