MPP(製造プロセス計画)

デジタルスレッドを製造現場まで拡張するための統合型アプローチ

ダイナミックな製造指示書にEBOMとMBOMを利用

EBOM から MBOM への変換は簡単ではありません。ミスを引き起こしやすく、維持管理も大変です。Aras の MPP(製造プロセス計画)ソリューションでは、エンジニアは EBOM を MBOM へ変換し、BOM を組み立て手順にまで落とし込むことができます。BOM の調整が容易になり、製造現場での組み立て手順まで組み込むことができます。

Aras の MPP(製造プロセス計画)ソリューションを知る

Aras の MPP(製造プロセス計画)がどのように EBOM を利用してプロセス計画を作成し、MBOM とプロセス計画を作成できるかご覧ください。このコネクテッドなメソッドにより、製造現場の手順書は設計変更と同期されます。エンジニアは各工程に適用されるツールと消耗品を計画し、最終的に BOP(工程表)を作成できます。 

Aras の MPP (製造プロセス計画)で製造現場にデジタルスレッドを拡張する

ユーザー事例:Aeronamic

Aeronamic 社は、コンプライアンスの維持と組織全体のデータ管理のトレーサビリティを改善し、将来の設計に向けた投資として Aras Innovator の MPP を導入しました。動画をご覧ください。

製造手順書の作成

Aras の MPP は製造計画担当者が EBOM へアクセスし、MBOM の再構築をすることを可能にします。MPP のオーサリング機能により製造現場のための手順書を作成することができます。

なぜデジタルスレッドは製造業にとって最優先の取り組みなのか

設計から製造へのステップはデジタルスレッドにとって重要です。多くの企業ではいまだに MBOM を手作業で作成し、古くなった情報をもとに製造現場の手順書を作成しています。 
Digital Thread Executive Summary

製造計画の策定

Aras の MPP は製造エンジニアが Aras のプラットフォーム上につながった設計データを用いて製造計画を作成することを可能にします。設計データを用いてどのように計画を作成するのか、また EBOM と MBOM がどのように統制され、変更点が製造現場の手順書に反映されるのかをご覧ください。 

エンジニアはファントム部品、消耗品、画像データなどを包括的なプランの作成に利用することができます。 

MPP は Aras Innovator のプラットフォーム上に構築されているため、ほかのアプリケーション同様に柔軟なデータモデルを利用することができます。EBOM を更新すると影響範囲が特定され管理されます。MBOM、プロセス計画、手順書、その他のアイテムのバージョン管理も可能で、製品ライフサイクル全体にわたるデジタルスレッドのトレーサビリティを進化させます。 

- CIMdata

もっと見る

Own the Lifecycle

製品とビジネスを変革するための、エンドツーエンドの実用的なデータ。

Learn More

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

すべてをつなげる

変わり続ける製品を常に把握し、社内外の関係者が製品にまつわるデータの履歴と関連データ、資料にアクセスできる環境を整えましょう。

Learn More

プロダクトエンジニアリング

Aras のプロダクトエンジニアリングにはパーツ管理、マルチレベルBOM、CMIIに準拠した構成管理と変更管理、承認済みベンダーと製造業のリスト、文書管理を含みます。

Learn More

BOM の連携

製造データとプロセスをコントロールしましょう。グラフィカルで同時作業可能なプロセス計画、MBOM、作業指示書の作成、そして EBOM / MBOM の即時連携を実現しましょう。

Learn More

BOM管理

製品ライフサイクル全体にまたがってBOMデータを管理しましょう

Learn More

アップグレード性

Aras はサブスクリプションサービスの一環としてアップグレードを実施するため、ユーザー企業はテクノロジーに後れをとることなく使い続けられます。

Learn More

自動車

Aras が自動車業界のこれからの課題にいかにして対応可能か、ぜひご覧ください。

Learn More

産業機器

産業機器業界では、市場の変化に対応しながら競合他社をしのぎ、新たな市場機会を見逃さずにスマートでコネクテッドな製品を継続的に開発していくことが求められています。

Learn More