CIMdata論評:統合化された製造プロセス計画でデジタルスレッドを拡張する


CIMdata論評:統合化された製造プロセス計画でデジタルスレッドを拡張する

PLM業界の大手アナリストCIMdataによる、製品の開発と製造の接続性を向上させるために設計されたAras Manufacturing Process Planning (MPP)アプリケーションに関する分析論評をご覧頂けます。

このCIMdataの分析論評の中で、製品の開発と製造の統合を改善していくための課題、そしてそれに対するArasのMPPアプリケーションで提供される機能について記載されています。

  • 統合の欠如は、トレーサビリティのギャップを作る情報のサイロ化を生み出し、製品のコストや品質、市場投入期間に直接影響を与える
  • 設計BOM(EBOM)から製造BOM(MBOM)への変換を自動化することがPLMのゴールである
  • 製品の開発と製造のデータを接続させることは、デジタルスレッドとデジタルツインを実現させる重要なキーである
  • Arasのソリューションは、設計から製造までのトレーサビリティを維持するソリューションンを実現するために、Arasのシングルプラットフォームアーキテクチャを活用している

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。