MBSEとBusiness of Engineering


製造業に携わる企業はますます複雑になる最新製品の管理に悪戦苦闘しています。行き着くところはシステムです。「Systems of Systems(複数システムを統合化したシステム)」といってもよいでしょう。そこではハードウェア、ソフトウェア、エレクトロニクス、ファームウェアが混在した製品設計が必要になります。定義から開発、製造後まで、一連の製品ライフサイクルを通じて製品自体が絶えず進歩していくため、優れた競合他社に勝利し、成功するためには、企業は自社のシステムの振る舞いとデザインの検証において秀でている必要があります。さもなければ製品の品質問題が発生し、ブランドや企業、ステークホルダーをリスクに晒すことになるでしょう。

本ホワイトペーパーは、より良い製品、より安全な製品を作るために、ロバストな(堅固な)システムの振る舞いのモデリングを設計の下流工程とどのように統合すればよいかについて論じています。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。