レジリエントなプロダクトライフサイクルマネジメント


plm

製品開発プロセスとITインフラを将来ずっと安心して継続的に使い続けるために、今日のグローバル企業はPLMへのレジリエントな(しなやかな)アプローチが必要です。

PLMシステムは、変わりゆくビジネス要件に適合できなくなると、あるいはビジネスに必要な新しいITテクノロジーを採り入れられなくなると、その時点で行き詰まってしまいます。そうならないよう、ITインフラを将来も安心して継続的に使用できるようにするには、レジリエントな(しなやかな)テクノロジー ソリューションを採用することです。

このホワイトペーパーでは、「テクノロジーの壁」と「機能の壁」というPLMの壁にぶち当たった時の解決方法とレジリエントなPLMの重要性を解説しています。

【レジリエントなPLMとは・・・】

  • 変わりゆくビジネス要件に順応できるように設計されているものを言います。
  • ソフトウェアをカスタマイズしても、次のバージョンアップにすべてが引き継がれます。
  • これまで使っていたデータが使えなくなるといったことがありません。

ArasはレジリエントなPLMです。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。