デジタルトランスフォーメーションに不可欠な要素としてのPLMの重要性

ビッグデータ、ユビキタス 5G インターネットなど、近年のテクノロジーの進歩は人間がついていくのが難しいほどで、この進化に対応するためにも「デジタルトランスフォーメーション」が定着すると考えられています。進歩し続ける製品に追従するエコシステムを整備するには、社内文化の変革、そしてITの成熟が必要になります。本アナリストレポートでは、このような時代にリーダーが理解すべきこととして、社内外の両方に目を向け、特に社内変革に重要な4つの要素をご紹介します。

デジタルトランスフォーメーションに不可欠な要素としてのPLMの重要性

Arasはどのように製造業各社の課題解決をしているのか

世界の様々な大手製造企業が、製品のライフサイクルを構築するためにArasを採用しています

航空宇宙・防衛

Airbusがデジタルトランスフォーメーションのために「greenhouse」を構築

ハイテク・エレクトロニクス

ルネサスが求めたシステムプラットフォーム、柔軟性とスケーラビリティを備えた「Aras Innovator」

医療機器

富士フイルム、Aras の PLM プラットフォームに IT 化された品質管理システムを構築

今後のウェビナー

デモシリーズ デジタルスレッドでつながる技術文書
【録画配信】製造 DX にコンテナ技術が求められる理由とは
What is The Connection Between Accelerating Product Complexities, Systems Thinking, and PLM Platforms?

今後のデモシリーズ

Accelerate Product Development with Simulation Task Automation
Stop Wasting Time – Managing Systems Variability with the Aras Platform

CIMdata 論評 – 最新状態を維持する:デジタルスレッドのデジタルスレッドの重要要件

製造業で注目を集めるデジタルトランスフォーメーションは、旧式のソフトウェアでは対応が難しい場合が多くあります。ビジネスを成功させるためには、最新の機能とセキュリティに対応し、最新の状態を維持する必要があります。米国調査会社 CIMdata の最近の調査によると、Aras のユーザー企業が、ほかの PLM ソリューションのユーザーよりも最近アップグレードしたことが判明しています。Aras のテクノロジーとビジネスアプローチは、お客様がニーズに合わせてソリューションを構成し、回復力(レジリエンス)を維持するために最新の状態に保つのに役立ちます。

最新状態を維持する:デジタルスレッドの重要要件

IDC テクノロジー・スポットライト「クラウド型のデジタル PLM は企業の回復力をさらに強化する」

クラウドベースの製品ライフサイクル管理(PLM)プラットフォームは、デジタルトランスフォーメーション戦略の基本要素となります。製品、サービス、および顧客のライフサイクルデータがデジタルスレッドの中を自由に行き来し、広範にわたるグローバルチームが必要に応じてアクセスすることを可能にします。米国調査会社である IDC社による「テクニカル・スポットライト」では、クラウドが製品ライフサイクル全体でどのように回復力と柔軟性を生み出すか、および研究開発とエンジニアリングにおける主要なデジタルトランスフォーメーションのユースケースがクラウドベースのPLMによってどのように実現されるかを述べています。
IDC テクノロジー・スポットライト

Arasはここが違います

Aras のレジリエントなプラットフォームは製造業各社固有のビジネス課題を解決します。

どのように Aras が機能するか、製品マネジメントのシニアバイスプレジデントである

John Sperling のプレゼンテーションをご覧ください。






Open

オープン

どなたにもダウンロード可能なシステムアーキテクチャ。コミュニティでのコラボレーションを可能にし、透明性を保ちます。

Flexible

柔軟

ビジネスの変化に対応できるモデルベーステクノロジー。

Scalable

拡張性

企業内のいかなる分野・部門もプロダクトライフサイクルとつながります。

Upgradeable

アップグレード 可能

常に開発を続けています。カスタマイズの有無にかかわらず、いつでもアップグレードが可能です。

Aras Innovator in Action

イノベーションを加速する学びを。

最新デモやソートリーダーシップのウェビナーを通じて知見を広める

Aras コミュニティに参加して、業務課題に対するソリューションを見つけましょう。