インテグレーション

既存の IT エコシステムと調和する

IT エコシステム

エンタープライズ IT システムは単独で機能することはできません。プラットフォームの導入を成功させるには、他のさまざまなエンタープライズシステムやオーサリングツールと連携する必要があります。連携対象となるシステムが自社開発であったり、古いテクノロジーを用いていたり、連携を想定していない方法で設計されている場合には課題が発生します。今日ではシステム間のデータ統合は不可欠であり、企業は統合しやすさを考慮してシステムを構築することが重要です。

Aras のインテグレーションの多様さ

製品開発を行う組織には、大きく異なる、様々な IT インフラストラクチャが導入されています。そのため、統合された製品開発プラットフォームを実装するための単一の最良の方法はありません。 膨大な種類のツールを統合することを前提としたツールボックスが必要となります。この eBook では、Aras が IT エコシステムを調和させるために使用するいくつかの方法について説明しています。

IT エコシステムを構築する

製品開発の IT エコシステムは機能していますか?

Connectors

コネクター

クラス最高のコネクターは、オーサリングツール、シミュレーション、PDM、レガシー PLM システム、およびエンタープライズビジネスシステムで使用できます。

Federation

フェデレーション

サービス層と高度なモデリングエンジンを使用して外部データを活用します。これはあとから無理に構築するアドオンではなく、オープンな Aras プラットフォームに当初から備えられていた機能です。

Self-Defining

自己記述型システム

Aras のプラットフォームは、判読と理解が容易なオープンスキーマを備えたローコードの自己記述型システムを利用しており、他のエンタープライズシステムとの統合に必要な工数を最小化します。

アクラポビッチ社が Aras の統合について語る

アクラポビッチ社は ERP、CAD、CRM、プロジェクト管理、および標準のビジネスシステムを統合するための「すぐに使える」ソリューションがなかったため、Aras の採用を決定しました。 その過程で、同社は Aras  プラットフォームは、専門知識を必要とする他の多くのシステムとは異なり、標準の使いやすいテクノロジーに基づいていることを知ったのです。

参考資料

もっと見る

レジリエントなプラットフォーム

オープンかつローコードのテクノロジーで、製造業向けアプリケーションを構築しましょう。複雑な製品の設計、製造、メンテナンス、いずれの業務フェーズのためのアプリケーションの開発も可能です。

Learn More

ローコードプラットフォーム

ArasのプラットフォームのモデリングエンジンとSOAによってどのようにローコード環境がつくられ、ビジネスアプリケーションを構築していくかをご覧ください。

Learn More

オープンアーキテクチャ

Aras はオープンなデータモデル、インターフェイスを搭載し、オープンな web 基準に則ったオープンアーキテクチャです。 

Learn More

プラットフォーム・サービス

ビジネスロジックを実装するための Aras のサービス指向アーキテクチャを広範にわたり使用することで、ローコードで柔軟な環境をどのようにサポートしているかをご覧ください。

Learn More

柔軟な環境

Aras 独自のモデルベースアプローチと、サービス指向アーキテクチャ(SOA)は、新たな業務プロセスおよび技術トレンドに適応する柔軟性を担保します。

Learn More

安全性

Aras のプラットフォームの安全性により、企業の知的財産を保護し、重要な法規制に対応します。

Learn More

アップグレード性

Aras はサブスクリプションサービスの一環としてアップグレードを実施するため、ユーザー企業はテクノロジーに後れをとることなく使い続けられます。

Learn More

アプリケーション間の接続

Aras のプラットフォームが、Aras およびパートナー企業から提供されるコネクターによって、どのように外部アプリケーションと接続されるかご覧ください。

Learn More

クラウドソリューション

パブリッククラウド、クラウドとオンプレミスのハイブリッド、いずれの場合でも Aras のアーキテクチャ上にシステムを構築することが最も理想的です。