Aras本社プレスリリース参考和訳(抜粋)

オープンなエンタープライズ・プロダクトライフサイクルマネジメント(PLM)ソフトウェアを提供するArasは、本日、Visual Collaboration Technologies(VCOLLAB)との提携を発表しました。このコラボレーションにより、Arasは、業界をリードする自動車メーカに向けて、ライフサイクル管理におけるシミュレーションプロセスとデータ管理(SPDM)においてVCollab技術を使用します。

変数やオプションを含む製品構成にシミュレーション結果が自動的にアクセス可能になり、クローズドなトレーサビリティが構築され、実機試験を削減して要件を検証でき、より設計に注力できるようになります。Arasは、シミュレーション結果のより良いツールチェーンとデータ管理をデジタルスレッド構築や付加的製造、ジェネレーティブデザイン、デジタルツインシミュレーションなどの戦略的なイニシアチブの基礎と捉えています。

 

VCollabは、多種多様なフォーマットのシミュレーション結果を読み取り、それらを可視化し、分析目的で使用できるようにします。ArasのSPDM機能とVCollabのコラボレーションにより、シミュレーションエキスパートは複数の部署を跨いだ解析を行い、結果を分析し、3Dコンテンツ含むレポートを作成することができます。

 

VCollabのツールインディペンデントかつ組織横断的なビジュアライゼーション機能は、当社のオープンかつ包括的なライフサイクルマネージメントの視点と非常に協調しています。」Aras Analysis Solution部門副社長 Malcolm Panthakii副社長は、述べています。「当社のSPDMVCollabの機能を活用することにより、シミュレーション解析のためのサイクルタイムの短縮、事務的なタスクを削減でき、業界をリードする自動車メーカで、シミュレーション結果を企業の部門を超えてすべてのユーザがダイナミックなレポート機能を介し、アクセスできるようになります。」

 

「当社の高性能なWebベースビジュアライゼーション機能、強力なデータマイニング、およびダイナミックな3Dコンテンツを用いた自動レポート作成により、重要なCAEの結果をArasプラットホーム上のすべてのユーザが容易にアクセスすることができます。」VCollab社共同創設者兼最高経営責任者(CEO)Prasad Mandavaは述べています。「Arasの非常に拡張性のあるプラットホームと、当社の大規模CAEファイルの超高速ポストプロセス機能を組み合わせることで、グローバル企業はさらにシミュレーションスループットと解析者の作業効率を改善することが可能です。」

関連資料

 

全文はこちら

  Aras Partners with Vcollab for Enhanced Management of Simulation Results

 

Arasについて
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォームとアプリケーションは、すべての部署部門に、企業を超えて重要な製品情報やプロセスへのアクセスを可能にします。村田製作所、富士フイルム、マイクロソフト、日立製作所、川崎重工業、Airbus、BAEシステム、GE、GMなど、世界中の大手企業がArasを採用しています。詳細に関してはwww.aras.com/ja-jp/、Facebook www.facebook.com/ArasPLMJapan、および Twitter @ArasJapanをご覧ください。

 


Aras Press Contact