次世代の要件管理ソリューション
 
- Aras Requirements Engineering

【ACE 2019 Japan】Aras Innovator プラットフォーム上で動作するAras Requirements Engineering は、変更管理、構成管理、バージョン管理、ワークフロー、ライフサイクル、ビジュアルコラボレーションなど、全ての PLM 機能と統合され、そのメリットを活かすことが可能です。既存のスタンドアロンの要件管理ソリューションの弱点の1つ、製品開発プロセス全体にわたるトレーサビリティはステークホルダーの要件から現場で展開されるデジタル資産までをカバーします。


Aras Requirements Engineering は、すでに Aras Innovator プラットフォーム上で管理されている他の PLM 管理設計データ(メカ、エレ、ソフト)にも関連付け、デジタルスレッドを構築し、製品開発ライフサイクルを通してトレーサビリティを提供します。本セッションでは、構造化されたコンテンツとして定義された要件管理の方法をご紹介します。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。