エアバス社の 「Greenhouse(温室)」で成長するアプリケーション

エアバス社の IT 部門は、機体を何年も待っている顧客のために、業務効率を高め、パフォーマンスを向上させ、組織全体のデジタル変革を実現するためには、多くのアプリケーションを最新化、アップグレード、そして最終的には統合する必要があると考えていました。これを解決したのが、ユーザー自身でプロジェクトを推進できるようになる独自のアプローチ、「Greenhouse」でした。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。