川崎重工業:製品開発プロセスの効率化に向けて Aras PLM によるサービスプラットフォームを全社提供

 

航空・宇宙、エネルギー、産業機器、電力、車両および船舶業界向け機器製造を代表する川崎重工業が、新製品開発の効率化およびシステム関連費用の最適化のため、Aras PLM を使用したサービスプラットフォームを提供

本ケーススタディでは、グローバルなOEM企業がレジリエント(しなやかな)PLMプラットフォームとより低い運用コストで、製品開発プロセスの効率化するためにどのようにPLMを使用しているか、その実例が記載されています。

組織が、余分なコストを削減し、製品開発プロセスのイノベーションをより早く共有するゴールに対してどのような取り組みを行ったかをご覧頂けます。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。