マルチフィジックス・シミュレーションに必要なデジタルツインの管理を可能にする Aras Innovator(講演資料)

製造業での DX の浸透に伴い、多くの会社でデジタルツインの活用方法の検討が進められていますが、その有効活用には分野別のシミュレーションに加え、マルチフィジックス・シミュレーションが必須です。本セッションではデジタルツインを使ったマルチフィジックス・シミュレーションを実現するために必要な設計プラットフォームのポイントを説明すると共に、その実現に必要なシステムズシンキングという考え方をご紹介します。(講演資料)

講演動画は こちら

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。