グローバルでのものづくりプロセスの全体最適化に向けてAras Innovatorを用いた設計情報管理プラットフォームを全社展開


グローバルでのものづくりプロセスの全体最適化に向けてAras Innovatorを用いた設計情報管理プラットフォームを全社展開

国内工場をマザー工場とし、世界各地での調達、生産を最適化することでコスト競争力のあるものづくりを目指す東芝機械では、日本と海外各拠点との連携と同様、設計から製造、営業、サービスまで製品ライフサイクル全体にわたったシームレスな製品情報の連携が必要でした。

全社的なコラボレーションやグローバルな事業拡大を目指し製品開発プロセスを標準化・効率化するために、東芝機械がどのように新たなPLMシステムを構築したかご覧ください。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。