3D データを活⽤した標準化推進によるQCD+V 向上(日本語/動画 84分)

製造業では、継続的な業務効率向上や売上・利益の拡大、品質向上、バリエーションの増大等が課題となっています。これを解決する一つの方法が、設計の標準化の推進による流用率の向上です。新たな部品の製造や調達コストを抑制できるだけでなく、標準部品を活用したバリエーション展開への道筋もできます。本オンラインセミナーでは、設計の標準化のプロセスを、Aras とエリジオンの最新のソリューションを通してご紹介いたします。

私はArasがマーケティング目的で個人情報を収集すること、Cookieと分析ツールを使用することに同意します。Arasのデータプラクティスは現在のデータ規制に準拠しており、Arasのプライバシーポリシーに記載されています。