ArasのCPOへのコミットメント

オープンネスを約束します、そしてそれが何故大事か

私達はコーデックスPLMオープンネス(CPO)のメンバーです。CPOのメンバーは長期にオープンであることを約束しています。

オープンネスはITシステムによって提供されるもので、それは相互作用、携帯性、拡張性により特徴つけられるものです。それらの機能はITのインターフェイス、スタンダード、そしてITアーキテクチャーを利用することによって実行されています。

Arasはそれぞれの企業がユニークで複雑なデータとプロセスモデルを持っていると思っています。また、ビジネスプロセスをソフトウェアに合わせて変えていくのではなく、ソフトウェアが個々のビジネスに対応していくべきだと考えています。

そして、健全な企業は変化していくとも思っています。競争に勝ち残るためには成長と改善が必要であり、そのための変化は必要不可欠なものであると考えています。

私達のアプローチは持続的な変化を、高い柔軟性とオープンなエンタープライズPLMソフトウェアソリューションを持って可能にしていくことです。

オープンネスはお客様のエンタープライズPLMソフトウェア、特にPLMにおいて長期的且つ、継続的な成功に必要不可欠であると考えています。

Arasは何よりもまず、データは常にお客様の所有物であると考えています。お客様が作成したデータは、お客様がアクセスしたり、カスタマイズや出力をしたり、データを動かしたりすることが当然であると思っています。また、プロセス、データモデル、ビジネスルールやシステム定義をソフトウェアベンダーでなく、お客様自身が所有することが普通であると理解しています。

本当の相互作用、拡張性、携帯性を持つために、私たちはオープンデータモデルとオープンインターフェイスを持ったオープンアーキテクチャを提供しています。また、インプリメンテーションにおいてオープンウェブスタンダードであることが重要と考えています。

私たちはお客様が自由に意思決定する事が絶対だと考えています。それを実現するためのたった一つの方法が“オープンネス”です。

私たちは“オープンネス”を約束します。

チームAras一同

 

参考情報: 他社とは違う