パーツとの戦いに負けそうですか?

既存および新規部品の作成、使用開始、および変更を管理することは企業にとって大きな課題です。新規部品は、製品に革新をもたらし、顧客要求を満たすためにも大変重要な物です。しかし、部品導入の管理がうまく行かないと、会社全体でコストが上がり、遅延が発生します。

Parts Management with Aras PLM

パーツを作成する、パーツを再利用する

Join Gary Wilmot, Aras Solutions Consultant, to learn how the Aras Component Engineering application allows you to select, source, and compare electronic components that meet requirements, with access to up-to-date technical, obsolescence, and compliance data from leading manufacturers.

主な機能

  • 属性とライフサイクル段階を設定可能
  • 認定製造者、並行調達・代替調達部品
  • 目標重量とコスト
  • CADと文書の統合
  • 柔軟性に富んだ区分と検索機能
  • バージョン・修正管理

GE様: 影響されるアイテム、インパクト・マトリクスその他を含むEBOM/MBOM

GE様がエンジニアリングチーム全体にわたって大きな勝利を収めるためにArasをどのようにカスタマイズしたかをご紹介します

メリット

  • 新規パーツの導入と使用開始までに必要な時間を短縮します。
  • 新規パーツと製造者の不要な導入を避けて、コストをコントロールします。
  • パーツの再利用により市場投入までの時間とコストを節約します。
  • すべてのユーザーが正しい情報を持つことによって、遅延やコストがこれ以上発生するのを防ぎます。

ご利用方法

PLMとPDM 機能はAras®アプリケーション上で動作し、オープンアクセスまたはサブスクリプションベースのいずれかで利用することができます。
動作アプリケーション
オープン
サブスクリプション
プロダクトエンジニアリング

ダウンロードはこちらから

関連機能