複雑化する製品の設計・製造・運用を担うアプリケーションのための最も強力なローコードプラットフォームをグローバルに提供する Aras(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:ロッキー・マーチン、日本法人:アラスジャパン合同会社、本社:東京都千代田区、社長:久次昌彦)は、本日、義肢・装具・外骨格装置・車いすの専門メーカーであるドイツのオットーボック社が、Aras プラットフォーム導入の成功により、研究開発(R&D)のデジタル化において次の段階に到達したことを発表しました。

Aras プラットフォームのPLM 機能は、ドイツ・ニーダーザクセン州の医療技術企業に、より優れた革新力、透明性、スピード、そして特に医療製品にとって重要な安全性を提供しています。

オットーボック社のエンジニアリングディレクターであるエリック・アルブレヒト・ラーチェ氏は次のように述べています。 「Aras は医療機器業界の高い要求に応える研究開発のためのソリューションです。システムアーキテクチャーやプラットフォームのアップグレード性が我々のニーズを満たしているだけでなく、Aras チームとの強固な絆によって、プロジェクト全体を滞りなく進めることができました」

PLM プロジェクトが、今後の開発プロセスのベンチマークとなる

医療技術企業向けに特別に開発された PLM の機能を活用することに加えて、アジャイルアプローチを適用することが重要な要素でした。Aras のグローバルアライアンス担当上級副社長であるアンドレアス・ミューラーは次のように述べています。 「PLM システムを使って義足や義手を開発する場合、そのプラットフォームは業界が要求する品質と安全性の基準を満たしていなければなりません。このアジャイルなアプローチにより、オットーボック社はプロジェクトの各マイルストーンにおいて、完全に検証されたPLM ソリューションが利用可能であるという要件を満たすことができました」

オットーボック社のエリック・アルブレヒト・ラーチェ氏は、さらに一歩先を見据えています。 「この PLM プロジェクトは、医療機器の製品開発と同じように構築されたので、他の開発プロジェクトの良い例にもなっています。このポジティブな経験は、間違いなく我々の将来の開発・承認プロセスに反映されるでしょう」

過去の製品、生産工程から詳細に学ぶ

Aras プラットフォームは、現在オットーボック社でフル稼働しています。アルブレヒト・ラーチェ氏は次のように述べています。 「文書管理や情報配信、変更のトレーサビリティなど、新しい可能性が我々の開発プロジェクトに大きな付加価値を与えています。特にトレーサビリティについては、これまでの製品や生産工程から、より詳細な情報を得ることができます。私たちのすべてのノウハウが、非常に効率的なデジタルワークフローの上ですぐに利用できるようになるのです」


オットーボック社について

オットーボック社は、100年以上にわたり、身体が不自由な人のための革新的なフィッティング・ソリューションを開発してきました。オットーボック社は「ヒューマンエンパワーメントカンパニー」として、ユーザーの移動の自由、生活の質、自立を強化しています。その背景には、8,000人以上の従業員の存在があります。義肢装具、ニューロモビリティ、ペイシェントケアの分野における革新的な力、卓越した技術的ソリューションとサービスにより、130カ国以上の人々が思い通りの人生を送ることができるようにサポートしています。1919年の創業以来、ウェアラブル生体工学の世界的マーケットリーダーとして、パートナー企業、医療用品店、国際研究機関とともに、新しい基準を設定し、業界のデジタル化を推進し続けています。

オットーボック社は、2018年から、生体力学の専門知識を人間工学に基づいたワークステーション用の外骨格装置に適用しています。同社の国際的な活動は、デューダスタット(ドイツ・ニーダーザクセン州)にある本社から発信されています。


Aras について

Aras は、複雑化している製品の設計開発、製造、および運用を支援するアプリケーションを備えた、最も強力なローコードプラットフォームを提供しています。このテクノロジーにより、柔軟でアップグレード可能なソリューションが迅速に提供可能になり、ビジネスのレジリエンス性の向上に貢献します。Aras のプラットフォームおよび製品ライフサイクル管理(PLM)アプリケーションは、製品ライフサイクル全体およびサプライチェーンの、あらゆる部門・部署のユーザーを重要な製品データやプロセスと繋ぎます。
主要顧客:川崎重工業、クボタ、デンソー、日産自動車、⽇⽴製作所、富士フイルム、三菱重工業、村田製作所、ルネサス エレクトロニクス、Airbus、Audi、Microsoft など

URL: www.aras.com/ja-jp
ソーシャルメディア: TwitterFacebookLinkedIn


※当報道資料は 2022年6月14日(現地時間)に Aras が発表したプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては原文が優先します。予めご了承下さい。

© 2022 Aras. 不許複製・禁無断転載。このドキュメントは情報提供を目的にしたものです。Aras および Aras Innovator の社名、ブランド名、製品名、または商標は、米国および/またはその他の国々における Aras Corporation およびその子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべての社名、ブランド名、製品名、または商標は、各所有者に帰属します。 


広報に関するお問い合わせ先

アラスジャパン合同会社 PR事務局
(株式会社サニーサイドアップ内)
舩山/日野/木村
aras_pr@ssu.co.jp
Tel. 080-4904-3126

アラスジャパン合同会社
マーケティング
宮岡/砂生
marketing-japan@aras.com
 Tel. 03-5797-7920