更なる可視化を

管理者や幹部が進捗を確実にさせ問題を特定するためには、ビジネスプロセスを可視化し問題の根本を見通すレポートを利用することが必要です。

しかし、よくあるレポートツールは使いにくく、システム管理者やIT部門の手を借りなければならず、その結果最新レポートが作成されるまで待たされ、長い遅延が発生します。

進捗を報告する

Aras®のセルフサービスレポーティングは、使い勝手の良い機能で、どのユーザーも特別な知識や研修を必要とせずレポートを新規に作成することができます。

自分自身でレポートを作成・変更することで、ユーザーは自分が欲しい物を最初から得ることができ、遅れることもありません。

主な機能

  • 特別な権限や研修を必要とせず、簡単にレポートを新規作成できます。
  • レポートを理解しやすくするために、表や画像を組み合わせることができます。
  • 多数のフォーマットでレポート結果を出力し、共有できます。
  • ユーザーのアクセス権限の尊重を確実に行います。

メリット

  • 状況や進捗管理の可視化を進めます。
  • プロセスのボトルネックを特定し、遅延の防止につなげます。
  • ビジネスの意思決定へのサポートを強化します。
  • 分析結果や発見を同僚と共有し、チームのコラボレーションを改善します。

ご利用方法

プラットフォーム機能はオープンアクセスまたはサブスクリプションベースでご利用いただけます。

オープン
サブスクリプション

ダウンロードはこちらから

Airbus PLM test management diagram

Aras Innovator 11デモ:セルフサービスレポーティング (5分)

Aras Innovator のセルフサービスレポーティング機能の概要をご覧いただけます。

Airbus PLM test management diagram

モデルベースエンタープライズSOA のメリットと特長

PLMのための、実績が証明するArasテクノロジー、および最新のモデルベースエンタープライズSOAをご覧いただけます。

Airbus PLM test management diagram

Aras Innovator 11デモ: 概要 (8分)

Aras Innovator 11の機能概要デモをご覧いただけます。

関連機能