ナレッジ共有の最適化に、クボタがグローバルPLMシステムを採用

YAHOO! JAPAN November 2018

Arasは2018年11月13日、農業機械メーカーのクボタが、プロジェクト管理や技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有のために、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用したと発表した。

MONOist

ナレッジ共有の最適化に、クボタがグローバルPLMシステムを採用

MONOist November 2018

Arasは2018年11月13日、農業機械メーカーのクボタが、プロジェクト管理や技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有のために、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用したと発表した。

MONOist

自動車関連部品メーカーがPLMプラットフォームを導入

MONOist November 2018

Arasは2018年11月1日、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを、自動車関連部品メーカーのミクニが採用したと発表した。

ZDNET-Japan

クボタ、プロジェクト管理・ナレッジ共有でPLM基盤を導入

ZDNet Japan November 2018

クボタは、ライフサイクル管理(PLM)基盤を新たに導入し、プロジェクト管理、技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有を強化している。アラスジャパンの製品を採用した。

製品データ統合、可視化をするPLMプラットフォームを採用

Monoist October 2018

Arasは2018年9月5日、医療機器や安全機器を取り扱うDrägerが、製品データの企業全体での可視化を可能にするPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)システムとして、Aras PLMプラットフォームを採用したと発表した。 

BMWグループがPLMプラットフォームを導入――テストデータ管理で

Monoist March 2018

米Arasは、BMWグループがテストデータ管理の基幹システムとしてArasのPLMプラットフォームを導入中であると発表した。柔軟性が高く、車両テスト関連の特定要件を満たす同プラットフォームは、車両開発におけるさまざまな段階をサポートする。

アラスがPLMのカバー範囲を拡張、システムズエンジニアリングに加えMESやMROも

Monoist March 2018

好調を維持しているPLMベンダーのアラスだが、IoT時代を迎えた製造業に対してさらなる提案を行うべく、Aras Innovatorを「製品イノベーションプラットフォーム」に進化させるための取り組みを加速させている。これまでもシステムズエンジニアリングなどに注力してきたが、さらにMESやMROもカバーしていく方針だ。

PLMツール「Aras」、モデルベース開発ツールと連携強化

Nikkei XTECH February 2018

アラスジャパンは、PLM「Aras Innovator」について、2018年内の開発予定を明らかにした。

MRO事業を買収し、PLMを保守サービスの領域へと拡張

Monoist February 2018

米ArasがInfospectrumのImpresa Impresa Maintenance, Repair, and Overhaul(MRO)事業を買収した。ArasのPLMプラットフォームにImpresa MROを組み込むことで、デジタルスレッドを保守サービスの領域へと拡張する計画だ。

BMW、車両の安全性テスト管理にArasのPLMを採用

MyNavi February 2018

Arasは2月22日、BMWグループがテストデータ管理のバックボーンとして、同社のPLMプラットフォームを導入中であることを発表した。

Excel「アングラPLM」の限界、製造業に高まるプラットフォームの必要性

Techfactory November 2017

「ビジネスのデジタル化」「デジタルトランスフォーメーション(DX)」などの言葉は製造業でも無縁なものではない。自動運転車のような先進事例に対応していくためには、設計や情報管理のやり方も変わらなくてはならないとアラスジャパンの久次氏は訴える。

PLMの米アラス、日本で攻勢 -IoTの情報連携に需要-

Nikkei Business Daily October 2017

製品の設計から保守まで、製品に関して生じるデジタルデータを連動させて管理する製品ライフサイクル管理(PLM)ソフト。専業で急成長する米アラスが日本市場で攻勢をかける。