ZD Net Japan

自動車業界は激動期にある。その中で日産自動車は、2020年に打ち出した事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の下、自動運転や電動化(以下、EV)など先進技術を積極的に投入する戦略を敷いている。それを支えるのが車載ソフトウェアであり、そのために利用するシステムでのユーザー要件は複雑だ。そこで日産は、ArasのPLM(製品ライフサイクル管理)プラットフォーム「Aras Innovator」を導入し、PLMシステムを構築した。

MONOist

アラスジャパンは2021年4月20~22日の3日間、年次イベントである「Aras Community Event(ACE 2021)」をオンラインで開催した。その中で、日産自動車 グローバルISデリバリー本部 エンジニアリング&デザインシステム部 課長代理職の根本博明氏と同パワートレイン・EV技術開発本部 パワートレイン・EV制御技術開発部 EMS制御技術開発グループ ソフトウェアエキスパートの小林秀明氏が「Aras Innovatorによるエンジニアリングプラットフォーム戦略および活用事例」をテーマに事例講演を行った。

MONOist

Arasは2021年4月14日、大手グローバル企業のクラウド要件に柔軟に対応する、新しいサブスクリプションサービス「Enterprise サブスクリプション」の提供を開始した。

MONOist

Arasは2021年3月30日、PLM(製品ライフサイクル管理)アプリケーション「Aras シミュレーション管理」の最新版を発表した。シミュレーションを製品データのデジタルスレッドに接続でき、製品ライフサイクル全体にわたってシステムの調査と検証が可能になる。

MONOist

Arasは2021年3月30日(現地時間)、さまざまなエンジニアリング分野のデータをツールに依存しない形で統合し、システムモデルの定義をサポートする「Aras システム アーキテクチャ」の最新リリースを発表した。

xtech

米Aras(アラス)は、PLM(製品ライフサイクル管理)ツール「Aras Innovator」の機能として提供しているシミュレーションデータ管理アプリケーション「Aras シミュレーション管理」の新版を発表した。

DAILY AUTOMOTIVE NEWS ONLINE

製品ライフサイクルマネジメント(PLM)システムなどを手掛ける米ARAS(アラス)の日本法人、アラスジャパン合同会社(久次昌彦社長、東京都千代田区)は、デンソーが設計開発データをデジタル管理するためのプラットフォームとして同社の「アラスイノベーター」を採用したと発表した。

Weekly Business Computer News

自動車部品メーカーのデンソーがPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用。設計部品表を中心とした設計情報のトレーサビリティーの確保や、CADデータなどの設計情報の活用による業務効率化を実現。

MONOist

アラスは2020年12月9日、同社の展開するPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォーム「Aras Innovator」をデンソーが採用したと発表した。自動車部品の設計開発データを適切に管理するための技術部品表プラットフォームとして運用する。

My Navi

Arasは、デンソーが技術部品表のプラットフォームとして、自社のPLMプラットフォーム「Aras Innovator」を選択したことを発表した。

MONOist

Aras(アラス)は2020年10月27日、同社のPLMプラットフォームをOttobock(オットーボック)が採用したと発表した。義肢や装具の世界的メーカーであるOttobockは、PLM戦略を中心としたデジタルトランスフォーメーション(DX)へ向けての取り組みを開始した。

xtech

アラスジャパン(東京・千代田)は、デジタルツインの運用支援と、ユーザーでの導入時やバージョンアップ時のテスト工数低減などを目的に、PLM(製品ライフサイクル管理)ツール「Aras Innovator」(米Aras)の新機能などを相次いで追加した。

MONOist

PLMベンダーのアラス(Aras)が事業展開を加速させている。過去3年間平均の売上高成長率は44%と高い伸びを示しており、PLM「Aras Innovator」の契約社数(サブスクライバー数)は365社、オープンソース版の利用企業数も1000社を超えた。

MONOist

Aras Japanは2020年7月7日、個別の機器や資産の状況を正確にデジタル化するデジタルツインを作成、管理できる新しいアプリケーション「デジタルツインコア」を発表した。

MONOist

アラスジャパンは2019年11月21日、YKK APがArasプラットフォームを採択した事例について発表した。

MONOist

アラスジャパンは2019年9月9日、同社のオープンソースPLMソフトウェア「Aras Innovator」を、主要なPLMシステムに直接接続できるようにする「PROSTEP OpenPDM」の提供を開始した。

Yahoo Japan

Arasは2018年11月13日、農業機械メーカーのクボタが、プロジェクト管理や技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有のために、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用したと発表した。

MONOist

Arasは2018年11月13日、農業機械メーカーのクボタが、プロジェクト管理や技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有のために、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを採用したと発表した。

MONOist

Arasは2018年11月1日、同社のPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォームを、自動車関連部品メーカーのミクニが採用したと発表した。

ZD Net Japan

クボタは、ライフサイクル管理(PLM)基盤を新たに導入し、プロジェクト管理、技術文書作成、ドキュメント管理などのナレッジ共有を強化している。アラスジャパンの製品を採用した。

MONOist

Arasは2018年9月5日、医療機器や安全機器を取り扱うDrägerが、製品データの企業全体での可視化を可能にするPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)システムとして、Aras PLMプラットフォームを採用したと発表した。 

MONOist

米Arasは、BMWグループがテストデータ管理の基幹システムとしてArasのPLMプラットフォームを導入中であると発表した。柔軟性が高く、車両テスト関連の特定要件を満たす同プラットフォームは、車両開発におけるさまざまな段階をサポートする。

MONOist

好調を維持しているPLMベンダーのアラスだが、IoT時代を迎えた製造業に対してさらなる提案を行うべく、Aras Innovatorを「製品イノベーションプラットフォーム」に進化させるための取り組みを加速させている。これまでもシステムズエンジニアリングなどに注力してきたが、さらにMESやMROもカバーしていく方針だ。

xtech

アラスジャパンは、PLM「Aras Innovator」について、2018年内の開発予定を明らかにした。

MONOist

米ArasがInfospectrumのImpresa Impresa Maintenance, Repair, and Overhaul(MRO)事業を買収した。ArasのPLMプラットフォームにImpresa MROを組み込むことで、デジタルスレッドを保守サービスの領域へと拡張する計画だ。

My Navi

Arasは2月22日、BMWグループがテストデータ管理のバックボーンとして、同社のPLMプラットフォームを導入中であることを発表した。

Tech Factory

「ビジネスのデジタル化」「デジタルトランスフォーメーション(DX)」などの言葉は製造業でも無縁なものではない。自動運転車のような先進事例に対応していくためには、設計や情報管理のやり方も変わらなくてはならないとアラスジャパンの久次氏は訴える。

Nikkei Business Daily

製品の設計から保守まで、製品に関して生じるデジタルデータを連動させて管理する製品ライフサイクル管理(PLM)ソフト。専業で急成長する米アラスが日本市場で攻勢をかける。